元彼の遺言状の第8話は誰の死体がヒント?篠田の正体に関係がある?

ドラマ
スポンサーリンク

現在放送中のテレビドラマの元彼の遺言状。

第7話の放送で、誰の死体?という本の描写がありました。

現在元彼の遺言状で話題になっているのが大泉洋さん演じる篠田という人物について。

素性がわからない上に篠田というのも偽名であることがわかっています。

篠田に対する話の直後に誰の死体の描写があったので、篠田に対するヒントになるのか、第8話のヒントになるのか。

気になりますよね〜

そこでここでは 「元彼の遺言状の第8話は誰の死体がヒント?篠田の正体に関係がある?」として見ていきたいと思います。

元彼の遺言状の第8話は誰の死体がヒント?

元彼の遺言状の第8話には「誰の死体?」がなんらかの形でヒントになると思われます。

事件に対するヒントなのか、今話題になっている篠田の素性に対するヒントなのかとても気になりました。

そこで「誰の死体?」について調べて見ました。

「誰の死体?」とは?

「誰の死体?」は1923年にドロシー・L・セイヤーズが出版した彼女の処女作です。

ドロシー・L・セイヤーズは英国ミステリー作家としてアガサ・クリスティーと並んでとても有名な方とのことです。

アガサ・クリスティーといえば元彼の遺言状で、篠田が名前を何度も出していますよね。

名探偵コナンでもお馴染みのアガサ・クリスティーと並ぶ有名な作家の作品がどの様な形でドラマに関わるのかとても気になります。

では「誰の死体?」のあらすじをご紹介します。

「誰の死体?」のあらすじは?

「誰の死体?」のあらすじを見てみましょう。

実直な建築家が住むフラットの浴室に、ある朝見知らぬ男の死体が出現した。場所柄、男は素っ裸で、身につけているものは金縁の鼻眼鏡のみ。一体これは誰の死体なのか? 卓抜した謎の魅力とウイットに富む会話、そしてこの一作が初登場となる貴族探偵ピーター・ウィムジイ卿。クリスティと並ぶミステリの女王が贈る会心の長編第一作!

引用元:アマゾン

元彼の遺言状の第8話のあらすじを見ると、依頼主が風呂場で倒れていたとの内容があったので、事件に対するヒントになる可能性が強そうですが、篠田に関わることも含まれるのでしょうか。

元彼の遺言状の第8話のあらすじをご紹介します。

元彼の遺言状の第8話のあらすじは?

元彼の遺言状の第8話のあらすじはこちらです。

篠田(大泉洋)は、6年前にある島で起きた殺人事件に巻き込まれ、殺人犯として警察から追われていることを麗子(綾瀬はるか)に告白した、以来、篠田は、身分を偽って各地を転々としていたが、3年前にたどり着いた軽井沢で栄治(生田斗真)に出会い、匿ってもらったのだという。「僕はやっていない」。麗子は、栄治がそうしたように、無実だと言う篠田を信じることにするが……。

あくる日、麗子は、篠田に弁当を作るよう指示すると、遊びに来た紗英(関水渚)とともに西園寺製鉄社長・西園寺一蔵(金田明夫)の屋敷へと向かう。今朝、一蔵から直接、仕事の依頼があったのだ。

麗子たちが一蔵の屋敷に到着すると、家の前には野次馬が集まっており、警視庁捜査一課の刑事・橘(勝村政信)らの姿もあった。一蔵が死体で発見されたのだという。風呂場で倒れている一蔵を発見したのは長男の渉(駿河太郎)だった。鑑識によれば死亡推定時刻は12時間ほど前だというが、麗子が一蔵と話したのは今朝の8時――いまから3時間前のことだった。不可解な出来事に麗子たちは首をかしげ……。

引用元:公式サイト

あらすじを見てみると「誰の死体?」の描写はやはり事件との関係が強そうですかね〜

ですが篠田の素性に対してだいぶ引き延ばされている感もあるので、何かもう少しわかればな〜とも思います。

その辺りも含めて第8話も楽しみにしたいと思います。

元彼の遺言状の第8話は誰の死体がヒント?篠田の正体に関係がある?のまとめ!

ここでは「元彼の遺言状の第8話は誰の死体がヒント?篠田の正体に関係がある?」として見てきました。

物語も佳境に入り、篠田の正体が明らかになってくるはずです。

真相を楽しみにしたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました