元彼の遺言状の第3話からの展開は?原作からオリジナルへ移行!

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の4月18日にテレビドラマの「元彼の遺言状」の第2話の放送がありました。

第2話では、主人公の剣持麗子の元彼の栄治を殺害した犯人がわかり、一見物語が完結した様に見えました。

原作のストーリーが第2話で終わっってしまって、今後どの様な展開になるのか気になりますよね〜

そこでここでは「元彼の遺言状の第3話からの展開は?原作からオリジナルへ移行!」として見ていきたいと思います。

元彼の遺言状の第3話からの展開は?

元彼の遺言状の第3話からの展開について気になったので調べて見ました。

まずは公式サイトのあらすじをご紹介します。

麗子(綾瀬はるか)は、引き継いだ『暮らしの法律事務所』の雑用係として篠田(大泉洋)を住まわせる。だが、肝心の仕事の依頼は、離婚調停の相談など、金にならない案件ばかりだった。

そんな折、麗子のもとへ“武田信玄”を名乗る男から依頼の電話が入り、殺人事件があった秋須坂町の進藤不動産へと向かう。殺されたのは進藤不動産社長の進藤昌夫(画大)。弁護士が来るまで何も話さないと言い張り、座っていたのが黒丑益也(望月歩)という青年だった。黒丑は、ホストクラブ『戦国』で武田信玄という源氏名で働いているらしい。

黒丑は、3ヵ月前に自宅に訪ねてきた進藤から、立ち退きを持ちかけられたという。だが1ヵ月前にもう一度やってきた進藤は、まるで人が変わったように、「ここは自分の物だから1ヵ月以内に出て行け」と言い出したらしい。黒丑は、交渉するために進藤に会いに来たら彼が死んでおり、すぐに警察に連絡した、と主張していた。

別の日、麗子のもとへ事務所の開業祝いを持って紗英(関水渚)が訪ねてきて……。

いかがでしょうか。

どうやら第3話からはオリジナルストーリーへ突入していく様ですね。

楽しみにしたいと思います。

元彼の遺言状の第3話からに対するネットの声は?

元彼の遺言状の第3話からに対するネットの声をみていきたいと思います。

やはり第3話からはオリジナルになる様で、視聴者からも楽しみとの声が多く上がっていました。

今後も確認していきたいと思います、。・

元彼の遺言状の第3話からの展開は?原作からオリジナルへ移行!のまとめ!

ここでは「元彼の遺言状の第3話からの展開は?原作からオリジナルへ移行!」として見て来ました。

今後は展開がわからないので、謎解きに対し、皆さん盛り上がっていきそうですね。

楽しみにしましょう。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました