逃亡医Fはつまらない・面白くない?その理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年1月15日よりテレビドラマ「逃亡医F」の放送が開始されましたね。

この「逃亡医F」ですが、面白くないのでしょうか。

本作は原作があり、原作にどれだけ忠実に再現されているのかと言う点は重要になりそうです。

現在第1話の放送が終わったところなのでまだまだこれからといった部分もあるかと思いますがどうなのでしょうか。

皆さんの意見が気になるところですよね〜

そこでここでは「逃亡医Fはつまらない・面白くない?その理由とネットの反応は?」としてみて行きたいと思います。

逃亡医Fはつまらない・面白くない?


逃亡医Fはつまらないのでしょうか。

気になったのでSNSで調べてみました。

1話目の放送が終わった現時点では、あまりつまらないとの意見は上がっていない印象でした。

今後の展開に注目していきながら皆さんの意見もチェックしていきたいと思います。

逃亡医Fはつまらない・面白くない?その理由は?


逃亡医Fはつまらない・面白くないと言われる理由としてどの様なことが考えられるのでしょうか。

寄せられている意見とともに確認したいと思います。

つまらない理由として見受けられたのが設定が不自然であると言うことでした。

第1話では森七菜さん演じる美香子が事故に遭い、腕を切断するほどの怪我を負いました。

その状態にもかかわらず、成田凌さん演じる藤木と怪我の影響を感じさせない普通に会話する描写がありました。

痛くて会話などままならないはずなのに不自然だとの声が多く上がっていました。

また松岡昌宏さん演じる八神の言動が、まるで暴力団の様だとの意見が挙がるほど、やりすぎなのではと思わせる内容もありました。

ドラマの中のことなので、多少現実離れした様な内容の方がインパクトがあると言うこともあると思いますが、その辺りにつまらないと感じる方もいるのではないでしょうか。

続いては逃亡医Fのあらすじを見て見たいと思います。

逃亡医Fのあらすじは?


逃亡医Fのあらすじをご紹介します。

1月15日土曜よる10時スタート!『逃亡医F』第1話!【日テレドラマ公式】

天才的なオペ技術を持つ帝都医大の脳外科医・藤木圭介(成田凌)。前途洋々な未来が待っていたはずの藤木はその日、同僚で恋人の研究医・八神妙子(桜庭ななみ)を病院の屋上から突き落として殺害したという“無実の罪(冤罪)”を着せられ、天才医師から一転、警察に追われる殺人犯へと転落する……。

2週間後――。妙子の殺害事件の捜査本部に一人の男が乗り込む。妙子の兄で元自衛官の八神拓郎(松岡昌宏)。刑事の筋川二平(和田聰宏)たちの制止を振り切り、ホワイトボードに容疑者として貼られた藤木の写真を見つけた拓郎は、妹の恋人だった藤木が犯人であることを確信。藤木への異常なまでの復讐に燃える……。

そんな中、逃亡を続ける藤木は、『鳴海健介』と名乗り、ある人物に会いに行くため、海洋観測船・第一海風丸にアルバイトとして搭乗しようとしていた。先輩観測員・沢井美香子(森七菜)は、初めての後輩である藤木の指導に張り切る中、その手がツルツルであることに気づき、どんな仕事をしてきたのかと興味を持つが……。
その頃――。拓郎は、ある策略を巡らして筋川の弱みを握ると、藤木を追うための捜査情報を自分に横流しするよう迫っていた……!
一方、船上では、指名手配犯のポスターを目にした美香子が、『鳴海健介』の正体が恋人殺しの容疑者・藤木圭介であることに気づく……!
着々と藤木に近づく捜査網! そんな中、船上でまさかの大事故が発生し、美香子が利き腕を失うかもしれない大怪我を負う! 逃げるのか、助けるのか? 追っ手が迫る中、藤木は手術道具の少ない過酷な状況下で、自分にしか助けられない患者を前に、医師としての選択を迫られる……!
さらに、藤木の無実を信じる後輩医師・長谷川輝彦(桐山照史)、不審な行動を取る妙子の親友・烏丸京子(前田敦子)、そして、バイオベンチャー企業の天才研究者・佐々木世志郎(安田顕)と、事件を巡って藤木の周囲の人間関係が不穏な渦を巻き始める……。

放送が楽しみですね〜

逃亡医Fに対するネットの反応は?


逃亡医Fに対するネットの反応をご紹介したいと思います。

皆さんの反応もまずまずといった印象でした。

今後の展開にも期待できそうです。

来週も楽しみですね〜

逃亡医Fの第5話のあらすじは?


逃亡医Fの第5話のあらすじをご紹介したいと思います。

犬のジェシカの命を救った後、警察の追跡を逃れて八王子にたどり着いた藤木(成田凌)。彼は、長谷川(桐山照史)に連絡して2日後に都波教授(酒向芳)が参加するシンポジウムが帝都医大で開かれると聞き、シンポジウムへ行く決意をする。
2日後まで身を隠す場所を探していた藤木は、廃墟となった団地を見つける。藤木は、団地の一角でひそかに営業する外国人向けの食料品店で食料を買う。団地の敷地内にある公園のベンチで眠ってしまった藤木。
すると、食料品店から後をつけてきた女性・チュンヤンが藤木のカバンを盗もうとする! 藤木が目を覚まし、逃げるチュンヤン。藤木は、彼女の足にチアノーゼが出ていることに気付く。血管か循環器系の疾患を疑って藤木が診察しようとするものの、チュンヤンは逃亡。チュンヤンを追いかけた藤木は、彼女の仲間の外国人たちに囲まれる……。
リーダー格のモーはチュンヤンを守るため、これ以上事を荒立てないようにと藤木に告げる。藤木と外国人たちの間に緊迫感が高まる中、チュンヤンが倒れてしまう!
藤木は、チュンヤンを診察。藤木がチアノーゼになる原因となる疾患はないかと尋ねると、チュンヤンは心当たりがないと答える。藤木から病院に行くことを勧められても、一同は拒否。モーたちは、不法滞在者だった。藤木は、無実の罪で警察に追われていることを伝える。藤木が一緒にいると自分たちも捕まってしまうと恐れるモーたち。藤木は、彼らの過酷な身の上を知る……。
一方、拓郎(松岡昌宏)は美香子(森七菜)とともに、筋川(和田聰宏)と都波教授の行方を追う。筋川と都波教授は、拓郎を襲った雀荘の店員・吉見(寺井義貴)と前田(趙珉和)に拉致されていた。吉見は拓郎に、筋川たちの身柄と引き換えに金を要求する。拓郎は後輩の自衛官・今野(山根和馬)を呼び出し、筋川と都波教授の救出を手伝わせることに。美香子は、藤木の携帯電話が拓郎の手元にあるとは知らず、状況を知らせるメールを送り続ける。拓郎は美香子と今野を連れて、筋川と都波教授が拉致されている場所に突入し……! 藤木は、モーたちのために尽力する。そんな中、烏丸(前田敦子)が藤木の前に現れる! シンポジウム当日。チュンヤンのことが気になりながら、都波教授に会うべく帝都医大へ向かう藤木。その途中、藤木はチュンヤンが再び倒れたと知らされ……!?

次週も楽しみですね。

追記第5話をご覧になられていた方の意見をご紹介していきたいと思います。

今話もヒヤヒヤな展開でした。

都波さんに会いに行く予定でしたが、結局間に合わなかったことが幸いしたのではないかと思います。

それにまだ諦めていない感じですし。

長谷川さんのような協力者も得ることができたし、また烏丸さんは敵か味方か?

まだまだ謎が残っていて続きが気になるところですね。

次回も楽しみにしたいと思います。

逃亡医Fの第6話のあらすじは?


逃亡医Fの第6話のあらすじをご紹介します。

「困った時は都波さんとあわせて…」という妙子(桜庭ななみ)の言葉に従って都波(酒向芳)に会いに行った藤木(成田凌)。しかし、美香子(森七菜)と都波が拓郎(松岡昌宏)と共に行動していることを知り、一旦モー(中村蒼)たちが暮らす廃団地に戻ることに。
その頃廃団地では、別棟に住む日本人ホームレス ノムさん(六平直政)、ネクタイ(宮崎吐夢)たちによる外国人労働者への嫌がらせが激化していた。
一方、藤木は妙子が烏丸(前田敦子)に託したという謎のカセットテープのある部分が気になり、機械に詳しいモーに相談する。廃団地に現れた烏丸にもカセットテープについて質問を投げかけるが、答えは出なかった。自分は味方だという烏丸にとりあえずうなずく藤木。その様子を見た烏丸は自分が疑われていることを察する。
そんな烏丸を美香子、都波と共に尾行してきた拓郎は、廃団地を正面突破しようとするが、外国人労働者たちによって拘束される。美香子が藤木に情報を流していたのだ。探していた都波とようやく出会えた藤木。そして事件の真実を突き止めるために拓郎の協力を求める。
そんな中、モーたち外国人労働者たちに日本人ホームレスたちが襲いかかる。そこで藤木は、外国人労働者を守ろうとした拓郎が怪我を隠していることを見抜く……! 果たして藤木は、自らを執拗に追い詰めてきた拓郎を救うのか!?究極の選択を迫られる――。
そしてついに、妙子が遺したカセットテープの謎が明らかになり藤木たちの運命を大きく左右することになる……!!

次回も楽しみにしたいと思います。

逃亡医Fはつまらない・面白くない?その理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「逃亡医Fはつまらない・面白くない?その理由とネットの反応は?」として見てきました。

まだ1話目の放送が終わったところなので、今後の展開に期待したいですね〜

皆さんの声と共に追記もしていきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました