ゲド戦記のアレンの声優はV6岡田准一!声優陣が俳優の口コミ評判は?

スポンサーリンク

2021年4月9日にジブリ映画の「ゲド戦記」が再放送されました。

主人公のアレンの声優を務めたのはV6の岡田准一さんで、この「ゲド戦記」で声優デビューを果たされました。

この「ゲド戦記」で声優を務めたのは、プロの声優さんではなく、俳優と言われる方々であったため、キャストの面々は豪華な顔ぶれとなったものの、アニメファンからは残念だという声も上がりました。

実際のところはどうだったのでしょうか。

ゲド戦記の声優陣

豪華な顔ぶれとなったゲド戦記の声優陣を見ていきます。

アレン(岡田准一)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@mirai.0205がシェアした投稿

テルー(手嶌葵)

 

この投稿をInstagramで見る

 

そ ら (sora)(@i_love_ghiblii)がシェアした投稿

ハイタカ(菅原文太)

 

この投稿をInstagramで見る

 

すずか(@hin.0523)がシェアした投稿

テナー(風吹ジュン)


クモ(田中裕子)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ghibli_712がシェアした投稿


ウサギ(香川照之)


国王(アレン父)(小林薫)


王妃(アレン母)(夏川結衣)

声優陣の評判は?

声優陣の評判は様々でした。

 

よくなかったという意見には

 

賛否両論といったところですね。

ゲド戦記の声優陣についてのまとめ

ゲド戦記のアレンをはじめ、声優陣についてまとめてみました。

作品自体の内容も大切ですが、演じる声優陣も大切である事が分かりますね。

賛否両論ありますが、楽しく見たいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました