林大地がイケメンすぎる!プレースタイルからも滲み出るその魅力とは?

サッカー
スポンサーリンク

Jリーグのサガン鳥栖に所属しているプロサッカー選手の林大地選手はイケメンですよね〜

そんな林大地選手ですが、プレースタイルも容姿に負けず劣らずのイケメンぶりを発揮されています。

東京オリンピック代表の上田選手の代わりに正式メンバーになるかとの声も上がっています。

そこで林大地選手はどんなプレイヤーなのかについてまとめてみました。

「林大地がイケメンすぎる!プレースタイルからも滲み出るその魅力とは?」としてお伝えしていこうと思います。

林大地のプロフィール!

  • 名前:林大地(はやしだいち)
  • 愛称:ビースト
  • 生年月日:1997年5月23日(24歳)
  • 出身地:大阪府
  • 身長:178㎝
  • 体重:74キロ
  • 在籍チーム:サガン鳥栖
  • ポジション:FW
  • 背番号:8

林大地選手は大阪府出身で高校は大阪の履正社高校出身です。

高校卒業後は大阪体育大学に進学され、2018年には関西学生サッカーリーグで得点王に輝いています。

2019年よりJ1のサガン鳥栖に所属し、その年の8月11日にJリーグ初出場を果たし、その試合で初得点も挙げられています。

そんな林大地選手が怪我で出場が危ぶまれている上田選手の代わりに、東京オリンピックの正式メンバー入りするかもしれないとのことで注目が集まっています。

林大地がイケメンと話題!

こちらの写真からも分かるように林大地選手はかなりイケメンですね。

たくさんの方がそのように仰られている事にも頷けます。

ですが、林大地選手がイケメンなのは容姿だけでは無いのです。

サッカーのプレースタイルもかなりの男前(イケメン)ぶりです。

次はそんな林大地選手のプレースタイルについてもお伝えしたいと思います。

林大地のプレースタイルの魅力は?

林大地選手のプレースタイルが男前(イケメン)だとご紹介しました。

なぜそのように申し上げているのかというと、林大地選手のプレースタイルをご覧頂ければ感じて頂けると思うのですが、とにかく得点を上げるのに貪欲です。

なのでそのプレースタイルは決して美しいものではなく、いい意味で泥臭いという言葉が当てはまるのでは無いかと思います。

 

ボールキープのために体を張り、ピッチ(グラウンド)では常に走り回っていて、一度ゴール前でボールを持てば必ずシュートまで持って行くんだという思いが伝わって来るほど。

そのため、そのプレースタイルから付けられたニックネームはビースト(野獣)です。

どちらかというと、パスを回して相手の体系を崩しゴールを奪うという美しいサッカーが好まれる日本ですが、そのため決定力不足がいつもつきまとっていました。

そこを打破し得る男前なプレースタイルが、林大地選手の最大の魅力では無いかと思います。

カッコいいですね〜

 

そんな林大地選手に対するネットの反応はどうでしょうか。

林大地に対するネットの反応は?


林大地選手がイケメンと申し上げていますが、ネットの反応をみてみましょう。

やはり容姿についてはもちろんですが、プレースタイルについても多くの方から支持されておられることがわかります。

林大地選手を見ていると、何かやってくれるのでは無いかという期待感が自ずと湧いてしまいます。

本当に今後が楽しみな選手だと思います。

林大地がイケメンすぎる!プレースタイルからも滲み出るその魅力とは?のまとめ!

今回は「林大地がイケメンすぎる!プレースタイルからも滲み出るその魅力とは?」として林大地選手についてみてきました。

オリンピックに出場した林大地選手の活躍を見たいですね。

そんなイケメンの林大地選手に今後も注目して行きたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました