堀米雄斗の父親や家族構成は?スケートボード初代王者の素顔とは?

オリンピック
スポンサーリンク

2020年東京オリンピックの新種目となったスケートボード。

そのスケートボードで初代チャンピオンに輝いた堀米雄斗選手。

堂々としたプレーでしたね。

そんな堀米雄斗選手とはどのような方なのでしょうか。

そこでここでは「堀米 雄斗の父親や家族構成は?スケートボード初代王者の素顔とは?」として堀米雄斗選手についてみて行きたいと思います。

堀米 雄斗のプロフィール!


堀米雄斗選手のプロフィールを見て行きましょう!

  • 名前:堀米雄斗(ほりごめゆうと)
  • 生年月日:1999年1月7日(22歳)
  • 出身地:東京都江東区
  • 移住地:カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 身長:170㎝
  • 体重:55キロ
  • 2020年東京オリンピック男子ストリート金メダリスト

東京オリンピックでの金メダル獲得凄かったですね。

堂々としたプレーが印象的でした。

堀米 雄斗の父親や家族構成は?


堀米雄斗選手のお父さんや家族構成についてみて行きたいと思います。

堀米雄斗選手のお父さんは堀米亮太さんです。

亮太さんもスケートボードをされていて、堀米雄斗選手が6歳の頃からスケートボードを教えておられたとのことです。

ですが亮太さんにすると、堀米雄斗選手に教えるよりも自分が滑りたくて奥さんに滑りに行くことの口実にしていたとのエピソードもあります。

それが息子を金メダリストに導いたのですからすごいですよね〜

お父さんとのご関係はわかりましたが、他のご家族もみて行きます。

 

堀米雄斗選手のお母さんに関しては詳しいことはわかりませんでした。

また堀米雄斗選手にはご兄弟がおられます。

堀米雄斗選手が長男で、弟が2人おられます。

2人の弟はスケートボードをしているとの情報はありませんでした。

お兄さんが金メダリストなんて最高ですよね〜

堀米雄斗・スケートボード初代王者の素顔とは?


堀米雄斗選手がスケートボード初代王者に輝きました。

ここではそんな堀米雄斗選手の素顔についてお伝えしたいと思います。

堀米雄斗選手がスケートボードを始められたのは6歳の頃。

スケートボード選手のお父さんの亮太さんと近所の公園で始められました。

始められた頃からは堀米雄斗選手もおっしゃられていましたが、お父さんの亮太さんの教えはとにかくスパルタ教育であったとか。

トリックの練習などは2の次で、とにかく体の使い方やバランス感覚などの基礎の基礎をとにかく鍛えていたそうで、その亮太さんの教えを守りやってきた事が現在のストリートという種目で生きているという事です。

 

10代前半の頃には国内トップ選手として活躍され、2014、15年には2年連続で日本スケートボード協会(AJSA)年間グランドチャンピオンに輝かれました。

2016年には本場で活動しないと注目されないとして活動拠点をロサンゼルスに移し、2017年にはスケートボードの世界最高峰プロツアー「ストリート・リーグ」で準優勝、2018年の同大会では見事優勝されました。

そして今回東京オリンピックで金メダルを獲得されました。

演技を見ていましたが、鳥肌ものでした。

まだまだこれからもご活躍される事間違いなしです。

堀米雄斗選手に対するネットの声は?


そんな堀米雄斗選手についてネットではどのように評価されているのでしょう。

ご紹介して行きます。


やはり金メダルの獲得についての祝福の声がたくさん届いておりました。

改めて本当におめでとうございます。

堀米雄斗の父親や家族構成は?スケートボード初代王者の素顔とは?のまとめ!


ここまで「堀米雄斗の父親や家族構成は?スケートボード初代王者の素顔とは?」として堀米雄斗選手について見てきました。

金メダルを獲得された事で、1日でインスタのフォロワーが20万人増えたとか。

今後のご活躍にも注目ですね。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました