近代五種選手の年収はどのくらい?他の競技との比較やプロ化について徹底調査!

オリンピック
スポンサーリンク

今年はいよいよ東京オリンピックが開催されそうです。

そんな東京オリンピックの競技として決定している種目の中に近代五種という種目があります。

近代五種選手の年収はどのくらいなのでしょう。

とても気になります。

そこでここでは「近代五種選手の年収はどのくらい?他の競技との比較やプロ化について徹底調査!」としてみて行きたいと思います。

東京オリンピック競技の近代五種とは?

近代五種とはどのような種目なのでしょうか。

まずはそのことについて調べてみました。

近代五種とは1912年第5回ストックホルム大会から実施されているオリンピック競技です。

1人でフェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃+マラソン)の5種をこなし、その順位を決めるものです。

1人でこれだけの種目をこなすのは過酷ですね〜

以前はその過酷さから、各種目について1日1競技として開催されていましたが、現在は1日で全てをこなさなければなりません。

ここで個人的に気になったのが、これだけ過酷なことをしてどのくらいの収入が得られるのかです。

もちろん、お金のために競技をしているのではないといったことを前提とした上でも気になりますよね〜

次はそのことについてみて行きたいと思います。

気になる近代五種選手の年収は?

気になる近代五種選手の年収はどのくらいなのでしょうか。

これだけ過酷な種目をこなすのは、それに見合う収入が多いからなのではないかと単純に思っていました。

なので実際はどうなのか見て行きましょう。

近代五種選手の収入の出所は?

日本では近代五種選手のプロ化はまだ行われていません。

なので近代五種選手は、いずれかの企業に雇われており、その企業より給料として収入を得ています。

近代五種選手の収入の出所は、雇い主である各企業ということです。

近代五種選手の平均年収は?

近代五種選手の年収は、雇われている企業によって変わります。

当然私たちもそうなのでイメージがつきやすいですね。

日本の近代五種競技者は主に自衛隊体育学校、警視庁のどちらかに所属しているとのことでした。

自衛隊体育学校とはアスリートを養成するための学校です。

学校に行きながらももらえる年収は公務員と同じ程度であるようです。

 

警視庁に所属しているということは警察官ということで、こちらも公務員ということになり、警察官と同等の収入を得ているということが言えます。

公務員の収入は、勤続期間や年齢によっての変わるので、一概には言えませんが、公務員の平均年収は約630万くらいであると言われています。

また警察官の平均年収は700万くらいということなので、ここまでの事を踏まえると近代五種の選手の年収は500万位〜700万位ではないかと思われます。
一般の会社員よりはいいかな程度とわかしました。

近代五種と他の競技の選手の年収を比較!

 

次は近代五種選手の年収と他の競技の選手の年収を比較してみます。

水泳の選手はどうでしょうか。

比較するにはまず水泳選手の収入源をみて行きたいと思います。

水泳選手はどうやって収入を得ているのか?

水泳選手の収入源は様々です。

一つずつみて行きましょう。

水泳選手の収入源その1:大会賞金

まず一つ目の収入源は大会賞金です。

大会での賞金は大体10万〜15万程度のようです。

オリンピックに出場し、メダルが獲得できれば報奨金も貰えます。

水泳選手の収入源その2:スポンサー料

二つ目の収入源はスポンサー料です。

有名になればスポンサーが付きスポンサー料がもらえます。

水泳選手の収入源その3:会社からの給料

3つ目の収入源は会社からの給料です。

ほとんどの水泳選手は会社から収入を得ています。

サラリーマンと同じですね。

 

水泳は人気競技の一つなので近代五種に比べ収入源が広いと思います。

プロ選手になることもできるので(日本ではまだ1人だけのようですが)社員選手とは違った収入源の獲得もでき得ますね。

近代五種競技のプロ選手は?

近代五種競技においてプロの選手はいません。

理由は一般人が入って行きにくいスポーツであるという事です。

射撃をするには銃刀法の関係が出てきますし、フェンシングの道具を揃えるには高い道具費が入ります。

馬術の練習も馬がいなければできません。

また圧倒的にスポンサーが少ないので、プロ化は難しいでしょう。

近代五種選手の年収はどのくらい?他の競技との比較やプロ化について徹底調査のまとめ

ここまで「近代五種選手の年収はどのくらい?他の競技との比較やプロ化について徹底調査!」についてみてきました。
マイナー競技ではありますがオリンピックの開催で見るチャンスがあれば見てみたいと思います。
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました