モダンペンタスロン(近代五種)とは?【オリンピック】ヤバい競技内容は?

オリンピック
スポンサーリンク

昨年(2020年)から新型コロナウィルスの感染、拡大による影響で延期されていた2020年東京オリンピックが2021年7月21日より開催されます。

オリンピックでは普段あまり気にしていなかったり、馴染みのない競技も行われます。

その中で個人的に気になったのがモダンペンタスロン(近代五種)と言う競技。

なのでここでは「モダンペンタスロン(近代五種)とは?ヤバい競技内容や競技ルールは?」についてみていこうと思います。

モダンペンタスロン(近代五種)とは?

2020年東京オリンピックの競技にもなっているモダンペンタスロン(近代五種)ですがどう言った競技内容なのかについて解説致します。

日本語名である「近代五種」から予想がつくように、5種類の競技の総合力を競う競技です。

5種類の競技とは

 ・フェンシング

 ・水泳

 ・馬術

 ・レーザーラン(射撃+マラソン)
です。

モダンペンタスロン(近代五種)のヤバい競技内容は?

なぜ競技内容がヤバいのかというと、以前は1日1項目で計5日間にわたって競技が行われていましたが、現在は1日で全ての競技をこなさなくてはいけなません。

とてつもなく過酷ですよね〜

キング・オブ・スポーツと題されていて、日本での競技人口はわずか30名強とされています。

さらに各項目についてもみていきます。

フェンシング

 

水泳

 

馬術

 

射撃

 

マラソン

 

モダンペンタスロン(近代五種)に対するネットの声は?

 

モダンペンタスロン(近代五種)についてのネットの声はどうでしょうか。

皆さんやはり声を揃えて過酷であるとの意見でした。

モダンペンタスロン(近代五種)とは?【オリンピック】ヤバい競技内容は?のまとめ

ここでは「モダンペンタスロン(近代五種)とは?【オリンピック】ヤバい競技内容は?」としてみてきました。

自身も今までよく知らない競技でしたが調べてみて見てみたいなと思いました。

他にも注目度の高い競技もありますし、オリンピックの開催を楽しみに待ちたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました