ミステリと言う勿れがつまらないと評判?理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

ミステリと言う勿れがつまらない・面白くないと言う評判があるのは本当なのでしょうか。

ドラマに賛否があるのは当然のことだと思いますが、その様に言われる理由はどこにあるのか気になりました。

そこでここでは「ミステリと言う勿れがつまらないと評判?理由とネットの反応は?」として見ていきたいと思います。

ミステリと言う勿れがつまらないと評判?


ミステリと言う勿れがつまらない・面白くないとの評判はあるのでしょうか。

【公式】『ミステリと言う勿れ』特報初解禁! 主演・菅田将暉 22年1月月9

SNSの反応を確認してみました。

つまらないではないかもしれませんが、コメントが多かったのは原作との比較の意見でした。

このミステリと言う勿れは現在も連載中の漫画で、原作に忠実とおっしゃられている方もいれば、少し違うと言う意見であったり、主演の菅田将暉さんと原作の主人公である久能整との比較についての意見が多かった様に思います。

ですが、面白いであったり、肯定派の意見が圧倒的に多かった印象です。

実際に見ていても謎を解いていく久能くんの観察力にスッキリ感も味わえて面白かったと思いました。

原作が話題でドラマ化したのだから、面白くないことはないとも思いました。

皆さんはどの様に感じられたのでしょう。

ミステリと言う勿れがつまらない理由は?


このミステリと言う勿れに対し、つまらないと言われてしまう理由は、やはり原作との比較での違いではないでしょうか。

漫画を読んでいて感じることは、読み手の方の捉え方が人それぞれなので、当然感じ方も違うことから、意見が分かれるのだと考えられますね。

だから原作を知っておられる方々の中でも意見が多少分かれていることにも納得できます。

一部ご紹介しましたが、やはり原作のイメージに対する意見と、あとドラマの冒頭から、クラッシックのBGMが何曲か使われていたことについての意見もありました。

ですが圧倒的に面白かったとの意見が多かったと思います。

引き続き確認していきたいと思います。

ミステリと言う勿れは面白くないだけじゃない?


ミステリと言う勿れが面白くないだけではない理由についても見ていきたいと思います。

面白くないだけじゃない理由①:原作が面白い!

ミステリと言う勿れが面白くないだけではない理由の1つ目は原作が面白いことであると思います。

もちろん原作が面白いからと言って、ドラマも面白くなるものでもないと言うことも言えますが、原作とかけ離れてさえいなければ、原作が面白いのであれば自ずとドラマも面白いものになることはわかりますね。

続いてミステリと言う勿れが面白くないだけではない理由の2つ目です。

面白くないだけじゃない理由②:出演する俳優陣

ミステリと言う勿れが面白くないだけではない理由の2つ目は、出演されている俳優陣があげれるのではないでしょうか。

主演の菅田将暉さんを始め、1話目に登場された遠藤憲一さんや、筒井道隆さん、尾上松也さんなど豪華な面々ですよね。

そんな俳優陣の演技にも注目できる点が面白くないだけではないと思わせてくれるのではないでしょうか。

ミステリと言う勿れのあらすじは?

ミステリと言う勿れのあらすじをご紹介したいと思います。


ミステリと言う勿れのあらすじをご紹介したいと思います。

【公式】『ミステリと言う勿れ』特報第三弾解禁!22年1月月9

大学生の久能整(菅田将暉)は、朝から自宅アパートでカレーを作っていた。そこに、アパートの大家が大隣警察署の刑事、薮鑑造(遠藤憲一)と池本優人(尾上松也)を連れて現れる。昨夜10時の行動を薮に問われた整は1人でカレーを作っていたと答えた。すると、薮は付近の公園で寒河江健(藤枝喜輝)の遺体が発見されたことを整に伝え、警察署へ任意同行を求めた。

整は薮、そして青砥成昭(筒井道隆)の聴取を受ける。公園で殺害された寒河江は整と同じ高校の出身で同じ大学に通っていた。さらに、寒河江が殺害された時刻に整と争っているのを見た目撃者もいる。そのため、整は容疑者となっていたのだ。だが、薮たちの追求に整は淡々と無実を訴える。目撃情報もはっきりと自分だと言えるのかと理屈を並べて返して行く。
夜になると、整は明日も取調べに応じるという条件で解放された。刑事の風呂光聖子(伊藤沙莉)に預けていた携帯電話を返してもらいに行った整は、彼女がペットロスであることを知る。また、池本が間もなく父親になるという話も整の耳に入った。

翌日、整が警察署に行くと、薮から指紋を採るよう命じられた風呂光と池本が取調室にいる。整は風呂光のペットロスを言葉で癒し、池本にも間もなく出産を迎える妻への労りをアドバイスした。薮はそんな整が犯人に違いないと青砥に告げる。
取調べ三日目、整は署内での立ち位置に悩む風呂光に希望を与えた。そこに藪が来て、寒河江を殺害した果物ナイフが見つかり、整の指紋が検出されたと伝える。

楽しみに放送を待ちましょう。

ミステリと言う勿れに対するネットの反応は?


ミステリと言う勿れに対するネットの反応を見ていきたいと思います。


やはり皆さんも面白かったと言う意見ですね。

来週も楽しみにしたいと思います。

ミステリと言う勿れの第2話のあらすじは?

ミステリと言う勿れの第2話のあらすじをご紹介します。

美術館に行くため久能整(菅田将暉)が乗った路線バスがジャックされた。乗客に名前を尋ねる犯人に、整は逆にバスジャックの目的と名前を聞く。すると犯人は犬堂オトヤ(阿部亮平)と名乗るが、目的はそのうちわかると教えなかった。

その頃、大隣警察署には連続殺人事件の捜査本部が立っていた。朝には新たに4体目の遺体が発見されている。被害者に共通点はなく、容疑者の目星すらつかない状態だ。青砥成昭(筒井道隆)や池本優人(尾上松也)らが忙しく動く中、風呂光聖子(伊藤沙莉)は捜査に加わらせてもらえない。そんな時、風呂光は後輩警官からバスジャックの通報があったと報された。だが、付近の路線バスや観光バスは問題なく運行している。風呂光は青砥たちに話すが、ただのイタズラだと一蹴されてしまった。

整の乗ったバスは公園に停まり、オトヤは乗客たちを1人づつトイレに行かせる。真っ先にトイレに向かわされた整は外部に連絡する方法を考える。出がけ前に池本から連絡先を知らされていた整はメモ用紙に現状を書いて、犯人に見つからなさそうな場所に置いた。
再びバスが走り出すと、整がオトヤを理詰めにして怒らせてしまう。逆上したオトヤはナイフで切りかかるが、乗客の熊田翔(永山瑛太)が整をかばった。さらに、乗客の坂本正雄(久保田悠来)がオトヤを殴り倒す。乗客たちは安堵するが、坂本は落ちたナイフを乗客たちに向け…。その後、バスは犯人の指示で、ある屋敷にたどり着く。

 

バスジャックにあった整がどの様に切り抜けるのか楽しみですね。

ミステリと言う勿れがつまらないと評判?理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「ミステリと言う勿れがつまらないと評判?理由とネットの反応は?」として見てきました。

まだ1話目の放送が終わったところですが、早くも来週が楽しみです。

皆さんの意見もご紹介していきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました