ミステリと言う勿れの風呂光の扱いがヒドいと非難殺到?その訳とは?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の2月28日にテレビドラマの「ミステリと言う勿れ」の第8話の放送がありました。

このミステリと言う勿れに関して、ドラマが原作と違った描かれ方をしている点があり、原作ファンからは厳しい意見が寄せられています。

今回の第8話の放送でも原作の登場人物が端折られていることに関し、ネットで話題となっています。

どの様な点に関しその様に言われているのか気になりますよね〜

そこでここでは「ミステリと言う勿れの風呂光の扱いがヒドいと非難殺到?その訳とは?」としてみて行きたいと思います。

ドラマミステリと言う勿れの風呂光の扱いに非難殺到?その訳とは?

ドラマのミステリと言う勿れの第8話の放送で、風呂光さんの扱いに対し非難が殺到していました。

ドラマのミステリと言う勿れに対する批評は、今回の第8話以前から言われていました。

と言うのも登場人物である風呂光さんの原作でのキャラクター像との違いに対する意見が多い様に思います。

 

原作の風呂光さんは固定された女性像から抜け出そうと言った性格の人物ということなのようで、主人公である整くんに想いを寄せる様な描写はないのですが、ドラマでは風呂光さんが整くんに淡い恋心を抱いている描写が盛り込まれています。

また、第8話の放送では、原作では整くんと非常に親密な関係になる人物の登場があるはずなのですが、その人物の存在が消されており、そこに風呂光さんが当てられていて、且恋愛要素的な描写が組み込まれていました。

そのことを踏まえると、原作ファンからその様な声が上がることもわかりますね。

ご紹介したいと思います。

ドラマミステリと言う勿れの風呂光の扱いにネットの反応は?

ドラマのミステリと言う勿れに対する原作ファンの声はこちらです。

いかがでしたでしょうか。

ドラマに多少のオリジナル要素を入れることは悪いことではないと思いますが、キャラクター像を崩壊させてしまうことになってしまうのは残念だと思ってしまうのもわかる気がしますね。

ですが原作を知らず、ドラマを楽しめている方がいることも事実なので、難しいところではないかと思います。

ミステリと言う勿れの風呂光の扱いがヒドいと非難殺到?その訳とは?のまとめ!

ここでは「ミステリと言う勿れの風呂光の扱いがヒドいと非難殺到?その訳とは?」としてみてきました。

今後の放送も原作に対しどの様に描かれているのかは気になります。

引き続き確認して行きたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました