オールドルーキーはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の6月26日よりテレビドラマ「オールドルーキー」の放送が始まりますね。

このオールドルーキーですが面白いのでしょうか。

放送はまだ始まっていませんが、評判や気になるネットの反応を調べてみました。

そこでここでは「オールドルーキーはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!」としてみていきたいと思います。

オールドルーキーはつまらない?面白い?


オールドルーキーはつまらないのでしょうか。

まず出演している俳優陣がすごいですよね。

主演の綾野剛さんをはじめ、芳根京子さん、中川大志さん、岡崎紗絵さん、増田貴久さん、生田絵梨花さん、高橋克実さん、榮倉奈々さん、そして反町隆史さんと本当に豪華な面々です。

本作は原作なしのオリジナル作品のため、先の展開がわからないことから楽しめるのではないでしょうか。

放送が始まれば色々な意見も出てくると思うのでご紹介したいと思います。

オールドルーキーの前評判やネットの声は?

オールドルーキーの前評判やネットの声をご紹介したいと思います。

本作はサッカー選手が引退後の話ということですが、今から楽しみにされているかとの声が圧倒的という感じでしたね〜

前評判も悪くなさそうなので楽しみにしたいと思います。

オールドルーキー に対するネットの反応は?

オールドルーキー に対するネットの声を見ていきたいと思います。

まずは面白かったという意見はこちらです。

続いて面白くないと言った意見がこちらです。

いろんな意見が上がっていましたが、まだ1話目が終わったところなので判断するには早い様な気もします。

今後の展開にもよると思うので、今後も確認していきたいと思います。

オールドルーキーのあらすじは?


オールドルーキーのあらすじをご紹介します。

元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野剛)は37歳で選手としてのピークは過ぎたものの、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していた。しかし、ある日「ジェンマ八王子」の解散が突然告げられる。そして、移籍先が見つからなかった新町は、現役引退を余儀なくされてしまう。
住宅ローンも残っているし、10歳と5歳の娘の教育費がかかるのはこれから。新しい仕事に就こうとするも、サッカー関係の仕事は軒並み断られてしまい、ハローワーク通いを始める。そして一般的な職に就くものの、サッカー以外になにもやってこなかった新町は仕事の厳しさに直面する。
仕事がうまくいかず悩む新町だったが、それは家庭にも影響を及ぼす。パパが自慢だった娘たちには引退したことを隠していたのだが、娘たちが異変に気付き親子仲に亀裂が生じてしまう。ただ、妻の果奈子(榮倉奈々)は新町が新しい仕事に挑むことを応援してくれていた。
そんな新町に、「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)があるきっかけで、「うちで働いてみないか?」と声をかける。「ビクトリー」は新町が「ジェンマ八王子」解散のあと、移籍の相談をしたスポーツマネージメント会社だ。喜んで働き始めた新町に、高柳は若くて優秀な深沢塔子(芳根京子)と組むよう指示を出す。
「ビクトリー」での新町の初めての任務は、ドイツで活躍するサッカー選手、矢崎十志也の日本滞在中のサポート。しかし、矢崎と新町にはとある因縁があり、しかも矢崎は次々と無理難題を吹っかけてくる。家族のために、引くに引けない新町は塔子と協力して、この難題を乗り越えることができるのか!?
表舞台の選手から選手を支える裏方へ――。
セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生がスタートする!

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

追記

第1話をご覧になられた方の声をご紹介したいと思います。

とりあえずいろいろありましたが、第2の人生を歩き始めることができた亮太郎。

矢崎の件をなんとかまとめたことで、契約社員という状態ながら首の皮一枚つなぎましたね〜

子供達の自慢の父親であったのに、子供たちから詰められてしまうシーンは辛かった!

今後どの様にその信頼を勝ち取っていくのかにもちゅうも気していきたいと思います。

オールドルーキーの第4話のあらすじは?

オールドルーキーの第4話のあらすじをご紹介したいと思います。

新町(綾野剛)は、未だに現役への未練が捨てられず毎日ランニングをしていた。その未練は日に日に募っていた。
そんな新町の姿を見ていた妻の果奈子(榮倉奈々)は、ある行動に出る。
そんな中、「ビクトリー」では梅屋敷(増田貴久)が横浜DeNAベイスターズ2軍選手の北芝謙二郎(板垣瑞生)に、マネージメント契約が間もなく終了することを告げていた。
北芝はベイスターズに入団して6年目を迎えたが、ずっと2軍のまま。まだ24歳だが、待っていたのは今季限りでの戦力外通告だった。
あっさりと北芝を見限ろうとする梅屋敷にいたたまれなくなった新町は、北芝の最後のマネージメントを名乗り出る。
そして、彼と接するうちに、新町はある決意を固める。それは、自身の現役復帰。
家族の理解も得て、新町は動き出す。
そんな中、Jリーグの1チームだけ加入テストを受けさせてくれるという話が持ち上がり、新町はラストチャンスに挑むべく向かう。果たして・・・?

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記第4話をご覧になられた方の声をご紹介します。

泉実ちゃんに全て持っていかれました。

パパの現役にこだわっていたと思っていたので、お遊び的な引退試合がパパにとっても泉実ちゃんにとってもどうかな〜と思っていました。

最後の泉実ちゃんの「パパ、カッコ良かった!」でちゃんと踏ん切りがつけたのではないでしょうか。

涙なしでは見れない第4話、とても良かった!

オールドルーキーの第5話のあらすじは?

オールドルーキーの第5話のあらすじをご紹介します。

城(中川大志)は無名のフェンシング選手・三咲麻有(當真あみ)にスター性を感じ、「ビクトリー」にスカウトする。
城にとって初めてのスカウト。さらに、新町(綾野剛)とも初タッグを組むことになり、気合いが入っていた。
しかし、三咲は極度の人見知り。たくさんの人にフェンシングを知ってもらいたい気持ちはあるが、そのためにテレビに出演したり、グラビアの撮影をするのは嫌だと言い、新町たちは思うようにマネージメントができずにいた。
そんな中、ある化粧品会社から、三咲を新商品のイメージキャラクターに起用したいと申し出がある。
願ってもないチャンスだ。高柳社長(反町隆史)も新町や城とともに打ち合わせに参加するが、CMの絵コンテを見た三咲は撮影を頑なに拒否し・・・。

同じ頃、新町はサッカー日本代表候補で人気Jリーガーの伊垣尚人(神尾楓珠)からとある連絡を受けていた。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

オールドルーキーはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!のまとめ!

ここでは「オールドルーキーはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!」として見てきました。

第2の人生の挑戦がきっと視聴者にも勇気をくれる作品となるのではないでしょうか。

放送を楽しみにしたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました