中村匠吾のWiki風プロフィール!東京オリンピックでの活躍に期待!

オリンピック
スポンサーリンク

中村匠吾選手が2020年東京オリンピックの男子マラソンの代表選手に選ばれています。

中村匠吾選手とはどのような方なのでしょうか。

そこで今回は「中村匠吾のWiki風プロフィール!東京オリンピックでの活躍に期待!」として

中村匠吾選手の紹介をして行きたいと思います。

中村匠吾のWiki風プロフィール!

東京オリンピック代表に選ばれている中村匠吾選手のWiki風プロフィールです。

  • 名前:中村匠吾(なかむらしょうご)
  • 生年月日:1992年9月16日(28歳)
  • 出身地:三重県四日市市
  • 出身校:上野工業高校(現・伊賀白鳳高校)
  • 出身大学:駒沢大学
  • 所属:富士通陸上競技部
  • 身長:172㎝
  • 体重:55㌔

中村匠吾選手の主な戦績は?

  • 高校時代:2010年沖縄インターハイ5000mで3位入賞
  • 大学時代:2013年関東インカレ2部10000m優勝
  •   〃   :2013年ユニバーシアードハーフマラソン銅メダル
  • 富士通 :2015年全日本実業団対抗陸上競技選手権大会5000m6位(日本人1位)
  •  〃  :2016年全日本実業団ハーフマラソン6位(日本人1位)
  •  〃  :2017年日本陸上競技選手権大会5000m3位
  •  〃  :2019年マラソングランドチャンピオンシップ優勝

すごい実績ですね。2019年のマラソングランドチャンピオンシップの優勝でオリンピック代表に内定されました。

中村匠吾選手の大学三大駅伝の成績は?

中村匠吾選手は大学三大駅伝でも活躍されていました。

特に大学3年と4年の間で5回出場した大学三大駅伝で4回の区間賞と、1回の区間2位を達成されています。

  • 2013年:出雲駅伝1区 区間賞
  • 2013年:全日本大学駅伝1区 区間賞
  • 2013年:箱根駅伝1区 区間2位
  • 2014年:全日本大学駅伝4区 区間賞
  • 2014年:箱根駅伝1区 区間賞

オリンピック選手に選ばれたのもうなずけますね。

中村匠吾選手のマラソンの成績は?

中村匠吾選手のマラソンの出場回数は4回です。

出場大会と成績は以下の通りです。

  • 2018年:びわ湖毎日マラソン 7位
  •  〃   :ベルリンマラソン 4位
  • 2019年:東京マラソン2019 15位
  •  〃   :マラソングランドチャンピオンシップ 優勝

出場回数は少ないですが結果は出しておられると言えますね。

中村匠吾選手の東京オリンピックでの活躍は?

中村匠吾選手の東京オリンピックの活躍には期待できそうですね。

特にオリンピック代表の男子マラソン選考会であったマラソングランドチャンピオンシップでの走りは凄かったですね。

終盤にスパートをかけるも追いつかれてしまいました。

普通ならそこでメンタル的にネガティブになってしまいそうなところですが、再スパートをかけれるところのメンタル面の強さが印象的でした。

オリンピックでも中村匠吾選手の粘りのある走りが見たいですね〜

中村匠吾選手へのネットの声は?

オリンピック代表に内定した中村匠吾選手に祝福の声と期待が寄せられていました。

本当に楽しみですね。

メダルの獲得にも期待して応援したいと思います。

中村匠吾のWiki風プロフィール!東京オリンピックでの活躍に期待!

ここでは「中村匠吾のWiki風プロフィール!東京オリンピックでの活躍に期待!」として中村匠吾選手について見てきました。

オリンピックの開催まであと1カ月ほど。

中村匠吾選手のメダル獲得にも注目して応援したいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました