正直不動産がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年4月5日(火)から山下智久さんが主演の新ドラマ「正直不動産」の放送がスタートしますね。

本作には原作があり、面白いからドラマ化が決定したと思いますが、ドラマとなっても面白いのでしょうか。

気になりますよね〜

そこでここでは「正直不動産がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?」としてみて行きたいと思います。

正直不動産がつまらないと評判?


正直不動産はつまらないのでしょうか。

現在まだ放送が始まっていないのでその様な意見は確認できていません。

放送が始まれば確認して行きたいと思います。

正直不動産がつまらない理由


第1話の放送が終わって、正直不動産がつまらないとの意見を探してみたのですが、今のところ見当たらず、皆さん面白いと大変評判がいいことがわかしました。

今後、回を重ねるにあたり、原作との比較などもあって、つまらないとの意見も出るかもしれませんが、引き続き確認して行きたいと思います。

正直不動産は面白くないだけじゃない?


正直不動産が面白く無いだけでは無い理由も考えて見たいと思います。

やはり放送前でも楽しみにしておられる方もいるはずですし、その様に思える理由を挙げて見たいと思います。

面白くないだけじゃない理由①:出演する俳優陣

正直不動産が面白くないだけじゃない理由としては出演されている俳優陣が豪華ですよね。

主演の山下智久さんをはじめ、福原遥さん、市原隼人さん、草刈正雄さん、大地真央さん、高橋克典さん、倉科カナさんなど本当に豪華な顔ぶれです。

この面々で面白くならないと思う方が難しいと思うほどです。

楽しみにしたいと思います。

面白くないだけじゃない理由②:原作が面白い!

正直不動産が面白くないだけじゃない理由の2つ目は、原作が面白いということです。

原作を面白いとおっしゃられている方の声を見てみると、不動産業者に騙されないための知識がついて勉強になるということが本作の魅力であるとのことでした。

確かに不動産業者と度々やり取りする様なことは滅多にないと思いますし、前知識が得られるということはメリットですよね〜

以上正直不動産の面白くないだけじゃない理由でした。

正直不動産のあらすじは?


正直不動産のあらすじをご紹介します。

登坂不動産の営業マン・永瀬財地(山下智久)は、“嘘もいとわない”セールストークで成績No.1を維持し続ける、やり手の営業マン。ある日、アパートの建設予定地にあったほこらを壊したことから、たたりで嘘がつけない体になってしまう・・・。言わなくてもいいことまでペラペラとしゃべる永瀬に、当然お客は激怒。 契約寸前の案件まで次々と台なしに――。果たして、正直すぎる不動産屋となった永瀬は生き残れるのか!?家を売る人、そして求める人の痛快な人間ドラマが、今始まる!

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

正直不動産に対するネットの反応は?


ここでは正直不動産に対するネットの反応をご紹介して行きます。

いかがでしょうか。

面白いという意見はもちろん、不動産に対する知識もついて勉強になるという意見も多数ありました。

視聴を続けたいと思います。

正直不動産の第5話のあらすじは?

正直不動産の第5話のあらすじをご紹介します。

成約物件の破談が続き、社内にスパイがいることを疑う永瀬(山下智久)。ライバルのミネルヴァ不動産・花澤(倉科カナ)を呼び出し、問いただすが認めるはずもない。一方、月下(福原遥)は両親の離婚で離ればなれとなっていた父・昌也(加藤雅也)と8年ぶりに再会。転勤のため東京で物件探しをしていると聞き、父の物件を探そうに張り切る月下だったが、ある日、昌也はミネルヴァ不動産の強引な営業にあい契約寸前となるが…。

引用元:公式サイト

次週も楽しみですね〜

追記

第5話をご覧になられた方の声をご紹介します。

5話も面白かったですね。

月下ちゃんには少し切ない展開となってしまいましたが、それでもお父さんに欠陥の疑いのあるマンションを購入させずに済んだのは良かったと思います。

また対抗してきたミネルヴァ不動産の花澤さんは、どうもミネルヴァ不動産の悪質を知らない部分がある様な描写もあり、だから永瀬に悪徳呼ばわりされてあんなに怒っていたのですね。

今後の花澤さんの動向と、ミネルヴァ不動産との関係がありそうな桐山の動きに要注目と言ったところかと思います。

次回も楽しみですね。

正直不動産の第6話のあらすじは?


正直不動産の第6話のあらすじをご紹介します。

会社のスパイ=桐山貴久(市原隼人)の可能性が浮上し、信じられない永瀬財地(山下智久)。そんな矢先、桐山と永瀬がペアを組み、大型案件に挑むことが決定する。その案件とは、「竹鶴工務店が、所有する土地に家を複数建てるので、その家を売りさばく」ということだった。だが、竹鶴工務店は下請けに安い金額で建築を丸投げしようとしていることが判明。金額に見合った材料で建てた場合、欠陥住宅となるのは明らかだった…。

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

追記

第6話をご覧になられた方の声をご紹介します。

今週も面白かった。

スパイは桐山ではありませんでしたね〜

めっちゃ疑っていたのですみませんと思いながら見ていました。

桐山戻ってきますよね〜

永瀬の良きライバルの存在がなくなるのは残念すぎる!

お帰りを待ちながら引き続き見ていこうと思います。

来週も楽しみ〜

正直不動産の第7話のあらすじは?

正直不動産の第7話のあらすじをご紹介します。

スパイ騒動は、ミネルヴァ不動産の仕業だった。営業成績の振るわない登坂の営業課長を金で引き込んでいたのだ。退職した課長に代わり、課長代理に抜擢された永瀬(山下智久)だったが、事務作業に追われる一方、うそを連発していた過去の契約者からのクレームが次々と舞い込んでくる。そんな時、メインバンクの融資課・榎本美波(泉里香)が永瀬を訪ねてくる。美波はある定年夫婦の自宅売却に絡み、永瀬に協力を求めてきたのだが…

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記第7話をご覧になられた方の声をご紹介します。

不動産屋になる前の永瀬のことがわかりましたね〜

やはり初めからライアー永瀬ではなくて、昔は人のためになり、自分も稼げると言うところに魅力を感じていた。

そんな気持ちを思い出したかの様に嘘がつけなくなったことを受け入れて、かこの行動の後悔を清算しようとしているところが応援したくなりますね。

榎本さんにも再び火をつけてしまい、今後の展開も気になります。

来週も楽しみですね〜

正直不動産の第8話のあらすじは?

正直不動産の第8話のあらすじをご紹介します。

300坪・5億円の土地売買を扱うことになった永瀬財地(山下智久)と月下咲良(福原遥)。売り上げが落ち込んでいる登坂不動産としては是が非でも成約したい。そこに、またもやミネルヴァ不動産が競合として立ちふさがる。交渉の結果、なんとか契約を勝ち取る永瀬だが、ある違和感を感じる。取引相手の交渉術が、かつてうそをついていた自分と重なったからだ。そこで、永瀬は、元同僚、桐山貴久(市原隼人)を呼び出すのだが…。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記第8話をご覧になられた方の声をご紹介します。

桐山の再登場にテンション上がりました。

永瀬が相談し、ヒントをくれた桐山。

やっぱり登坂不動産での2人のやりとりをもう少し見ていたかった感はありますが、ミレルヴァの花澤三谷、永瀬と榎本さんのことも気になるし、あと2話で終わってしまうのが残念だなと思っています。

最後まで楽しみたいと思います。

正直不動産の第9話のあらすじは?


正直不動産の第9話のあらすじをご紹介します。

登坂不動産の業績は、ミネルヴァ不動産の工作により、悪化の一途をたどっていた。その裏には、ミネルヴァ不動産社長・鵤聖人(高橋克典)と、登坂不動産社長・登坂寿郎(草刈正雄)との、数十年に渡る因縁があり、永瀬財地(山下智久)も否応なしに騒動の渦へと巻き込まれていく…。そんな中、月下咲良(福原遥)も、ミネルヴァ不動産の営業社員・花澤涼子(倉科カナ)と、富士山が見える物件をめぐって対峙(じ)することになる…

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

正直不動産がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「正直不動産がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?」として見てきました。

まだ放送が始まっていないのであまり情報はありませんが、わかり次第追記して行きたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました