正直不動産2話の感想・視聴者の声は?「1位にこだわる理由」とは?

未分類
スポンサーリンク

2022年の4月12日にドラマ正直不動産の第2話の放送が終わりました。

第2話のタイトルは「1位にこだわる理由」と言うことでしたが、どの様な内容で、視聴者はどの様なことを思ったのでしょうか。

気になりますよね〜

ここでは「正直不動産2話の感想・視聴者の声は?「1位にこだわる理由」とは?」としてみていきたいと思います。

正直不動産の第2話の感想は?

正直不動産の第2話の感想についてお伝えしたいと思います。

第2話のタイトルですが、「1位にこだわる理由」と言うことで、まずはあらすじをご紹介します。

祟(たた)りで嘘がつけなくなった営業マン・永瀬財地(山下智久)は早くも売上1位の座を後輩の桐山(市原隼人)に奪われてしまう。同じ社内で顧客の奪い合いをする永瀬と桐山を尻目に、新人の月下(福原遥)は顧客第一主義で営業するが成約が取れない。そんな時、桐山が永瀬にある顧客の担当を代わってほしいと持ちかける。営業成績を上げたい永瀬は、二つ返事で引き受けたが、その物件には家賃に関するトラブルが隠されていた…

1位にこだわる理由ですが、2位ではダメだと言うことでした。

基本給は皆ほぼ変わらない中で、営業成績に対するいわゆる歩合給が1位と2位でもかなり違うと言うことから、どうしても1位にこだわるということのようでした。

桐山はカスタマーファーストにこだわる月下に対してダメ出しをしていましたが、会社の利益を考えなければならないと言うことは当然だとは思いましたが、ただ1位になれれば手段はどうでもいいと言うことでもない様な気がしました。

どちらも間違いではないだけに難しいところですよね〜

正直不動産2話に対する視聴者の声は?

正直不動産2話に対する視聴者の声を見てみましょう。

1位にこだわることが全てではないとしても、やはりやるからにはということもありますよね〜

人それぞれの部分にはなってしまうと思いますが、決して悪いことではありません。

やり方を間違えない様にすることが大事なのではないでしょうか。

正直不動産2話の感想・視聴者の声は?「1位にこだわる理由」とは?のまとめ!

ここでは「正直不動産2話の感想・視聴者の声は?「1位にこだわる理由」とは?」として見て来ました。

第3話も放送後ご紹介したいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました