テッパチの武藤は殺人犯?真相と自衛官候補生になった理由は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の7月20日にテレビドラマのテッパチの第3話が放送されました。

テッパチの第3話の内容は、自衛隊候補生となった武藤一哉についてでしたね。

2話では武藤が殺人犯ではないかと言う疑惑が立ったところで終わりましたが、本当に殺人犯なのでしょうか。

気になりますよね〜

そこでここでは「テッパチの武藤は殺人犯?真相と自衛官候補生になった理由は?」としてみて行きたいと思います。

テッパチの武藤は殺人犯?真相は?

テッパチの自衛隊候補生の武藤一哉は殺人犯なのでしょうか。

結論から言うと殺人犯ではありませんでした。

なぜそのようなことが言われているかと言うと、武藤は父親から虐待を受けていて、そんな父親を殺害しようとします。

ところが父親から逆襲に遭い、結果父親は逮捕され、武藤は養護施設に入ることになりました。

武藤の背中の傷は父親からの反撃を受けた際のものであったことがわかりましたね〜

施設を出てから、寮のある工場で働きますが、父親を殺そうとしたことが噂されるようになり、工場をやめて自衛官候補生になることを決意しました。

次はなぜ武藤が自衛隊候補生になろうと思ったかについてご紹介します。

テッパチの武藤が自衛官候補生になった理由は?

武藤が自衛官候補生になった理由は、八女さんから説明されました。

武藤は、親を殺しそうになった自分でも、誰かのために何かができるかもしれない。

誰かの役に立てるなら立ってみたいと言う思いから、街中で見た自衛官のポスターをきっかけに自衛官候補生になったと言うことでした。

第3話では武藤が訓練中に問題を起こしてしまいました。

教官に厳しく注意された時に、その父親のことを思い出してしまい、パニックを起こしてしまったと言うことでした。

そんな武藤に対し、ネットでは武藤に対してどのように感じられているのでしょうか。

テッパチの武藤に対するネットの反応は?

武藤に対する視聴者の声を紹介します。

武藤の過去が本当に辛すぎましたね。

それでもなんとか前を向こうとしていたことが余計に響きました。

また教官からの注意に対し、ああなってしまうのも無理はなかった。

仲間と支え合いながら頑張ってほしいですね〜

テッパチの武藤は殺人犯?真相と自衛官候補生になった理由は?のまとめ!

ここでは「テッパチの武藤は殺人犯?真相と自衛官候補生になった理由は?」としてみてきました。

壮絶な過去から、仲間の助けもあり、立ち直った武藤のこれからにも注目したいと思いました。

きっと家族以上の仲間になれるのではないかお思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました