となりのチカラはつまらない?その理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年1月20日よりテレビドラマ「となりのチカラ」の放送が開始されました。

この「となりのチカラ」ですが、面白くないのでしょうか。

本日第1話の放送がありましたが、どうなのでしょう。

皆さんの意見が気になるところですよね〜

そこでここでは「となりのチカラはつまらない?その理由とネットの反応は?」としてみて行きたいと思います。

となりのチカラはつまらない・面白くない?


まだ1話目の放送が始まっていないのでネットでもつまらないといった意見はありませんでした。

放送を楽しみに待ちたいと思います。

となりのチカラのあらすじは?


となりのチカラのあらすじをご紹介します。

東京のとある郊外に建つマンション。そこに、中越チカラ(松本潤)と妻の灯(上戸彩)、そして娘の愛理(鎌田英怜奈)と息子の高太郎(大平洋介)という1組の家族が移り住んでくる。優柔不断で困っている人を放っておけない性格の夫とテキパキしっかり者の妻に、ちょっぴり大人びた姉と無邪気な弟――そんな一家がやってきたマンションには、とても個性豊かな住人たちが暮らしていた。
さっそくチカラが遭遇したのは、全身を”今日のラッキーカラー”でまとめた隣人・道尾頼子(松嶋菜々子)。階下には複数の男性が出入りする謎の女性(ソニン)の部屋があり、さらには、ワケありそうな管理人の星譲(浅野和之)から「601には連続幼児殺人事件の犯人・少年Aが住んでいる」と聞かされ、いろいろと思いを巡らすチカラに、灯は「ご近所のことに首を突っ込まないように」と諭すのだった…。

引っ越しから数日経ったある日、隣の部屋から悲鳴が!灯の忠告を思い出し、やや躊躇するチカラだったが、”引っ越しのご挨拶”を口実に、意を決して部屋を訪れてみる!
そこは、エリート会社員の木次学(小澤征悦)と妻・達代(映美くらら)、娘・好美(古川凛)が仲良く暮らす家なのだが…チカラは、知ってはいけない木次家に隠された秘密を覗いてしまい…!?

放送が楽しみですね〜

となりのチカラに対するネットの反応は?


となりのチカラに対するネットの反応をご紹介します。

以上が皆さんの意見でした。

となりのチカラの第5話のあらすじは?


となりのチカラの第5話のあらすじをご紹介します。

 中越チカラ(松本潤)、灯(上戸彩)、道尾頼子(松嶋菜々子)らが集まり、柏木託也(長尾謙杜)の大学合格祝いをしている中、管理人の星譲(浅野和之)が現れ、衝撃的な事実を告げる。SNSに上げられた、「連続幼児殺人事件の容疑者・少年Aを発見」という情報――そこにはチカラたちが住むマンションの写真まで付いており、星は「やはり601号室の上条(清水尋也)さんが少年Aだったんですよ」と声を潜める。
星から、“マンションのリーダー”として上条に直接確認してみてほしい、と頼まれてしまったチカラ。タイミングを窺ううち、無表情で感情を表に出さない上条が本当に連続殺人犯に見えてきてしまい…? あれこれ考えを巡らせ、心ここにあらずなチカラに灯と娘の愛理(鎌田英怜奈)は呆れ顔。「ご近所のことに首突っ込んでいい気になってると痛い目見るよ」と忠告されてしまう。
いい考えが浮かばないまま迎えたある日、ついに上条と2人きりになるチャンスが巡ってくる!「少年院に入っていたという噂があるんだけど…」というチカラの問いに、上条から返ってきたのは、なんと「入ってました、少年院」という答えだった!

「少年院に入っていたのは本当だったんだ…」「でもまだ少年Aと決まったわけではないし…」と逡巡しながらも、ひとまずは星に報告をするチカラ。すると、星は明らかに顔色を変え、上条の部屋のゴミから何かしらの証拠をつかもうと躍起になり始める。
星の思いつめた表情が気になるチカラだったが、危惧した通り、上条の噂はあっという間にマンション中に広まってしまう。せっかく決まった就職先にまで誰かが噂を吹き込み、クビになってしまったと聞いたチカラがなんとかできないかと考えていた矢先、ついに星が上条に殴りかかるという事態が起きてしまい…!?

次回もチカラくんの行動が楽しみですね。

追記

第5話をご覧になられた方の声をご紹介します。

今週もチカラくんの全力投球ぶりがよかったですね。

みんなそれぞれ問題や悩みを抱えていて誰も悪くないのにな〜ってなりました。

星さんは手をあげてしまったことは許されることではないですが、最終的には感動もあってよかったな〜ってなりましたね。

住民も徐々につながりが持てる様になってきているのがとてもいい感じだと思います。

チカラくんのお節介の賜物ですね〜

次回も楽しみにしたいと思います。

となりのチカラの第6話のあらすじは?

となりのチカラの第6話のあらすじをご紹介します。

いつものように中越チカラ(松本潤)が向かいのカフェから何気なくマンションを見ていると、お隣の木次家に異変が…。チカラが好美(古川凛)に渡した連絡用の手旗が、ついに学(小澤征悦)に見つかってしまったのだ!
好美が激しく叱責され、また虐待を受けるのではないかと、チカラは慌てて木次家に駆けつけるが、逆に学から「人が虐待してるって決めつけやがって」と声を荒らげられてしまう。チカラは怯える達代(映美くらら)と好美の様子に、このままでは2人に被害が及んでしまうと、ひとまずは引き上げるが…。その日から木次家のカーテンは固く閉ざされてしまい…?

そんなある日、いつものカフェに学がやってくる。いい機会だから…と腹を割って会話をしてみようとするチカラだったが、逆に学に言いくるめられてしまった上、「二度とうちの家族と関わるな」と釘を差されてしまう。困ったチカラは道尾頼子(松嶋菜々子)柏木清江(風吹ジュン)マリア(ソニン)らマンションの女性陣に協力を依頼。頼子たちは「警察に相談してみては」と達代に提案するが、「好美を犯罪者の子にしたくない」と言われ、拒絶されてしまう!
それでも諦めきれないチカラは、妻のアカリ(上戸彩)の知恵も借り、ついにはマンションの住人総出で木次家に“ピンポン攻撃”を仕掛けることに!
しかしそれすら学の怒りを買う材料にしかならず、絶望した達代はついにある決断を…。

そして、マンションの住人たちの問題を数々解決してきたチカラ一家にもある衝撃的な出来事が起きる!その時、アカリは…!?

次回も楽しみですね。

となりのチカラはつまらない?その理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「となりのチカラはつまらない?その理由とネットの反応は?」として見てきました。

まだ1話目の放送が始まっていないので、楽しみにしたいと思います。

皆さんの声と共に追記もしていきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました