ガンダムの新作が百合作品と言われるのはなぜ?水星の魔女の内容は?

アニメ
スポンサーリンク

2022年の10月2日から放送が始まったガンダムシリーズの新作の「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。

その第1話の放送が終わり、この水星の魔女が百合作品だと話題になっています。

一体なぜなのでしょうか。

気になりますよね〜

そこでここでは「ガンダムの新作が百合作品と言われるのはなぜ?水星の魔女の内容は?」として見ていきたいと思います。

ガンダムの新作が百合作品と言われるのはなぜ?

放送が始まった「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。

この水星の魔女が百合作品だと話題です。

なぜそのように言われるのか見てみましょう。

簡単に説明すると、第1話の放送で女の子同士が決闘し、その結果その二人が婚約するという展開になるのですが、そのことを受け入れるということになったからです。

ガンダムではこれまでBLだと言われることもあり、百合もありだという声もありました。

ネットの声を見て見ましょう。

水星の魔女に対するネットの反応は?

水星の魔女に対するネットの声を見て見ましょう。

皆さん反応されていますね〜

また百合展開も、今後ガチになるのかどうかなども気になられている方の声も多数ありました。

今後どのような展開になっていくのか気になりますね。

この水星の魔女とはどのような内容なのでしょうか。

水星の魔女の内容は?

機動戦士ガンダムの彗星の魔女のあらすじをご紹介します。

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』予告PV

小惑星フロント「フォールクヴァング」にあるヴァナディース機関のラボでは、カルド・ナボの主導のもと、地球のオックス・アース・コーポレーションのMSガンダム・ルブリスの稼働テストが行なわれていた。しかしガンダムに採用されたGUNDフォーマットの健全性をルブリスは証明できず、テストパイロットのエルノラ・サマヤは焦りを感じる。そんな中、GUNDフォーマットを危険視するデリング・レンブランの差し金で、MS評議会はオックス・アースへの企業行政法による強制執行を決定。機を同じくして特殊部隊「ドミニコス隊」がフォールクヴァングに派遣され、エルノラの夫ナディム・サマヤの抵抗も空しく制圧作戦が進められる。カルドを始め多くの人命が犠牲となる中、ルブリスが偶然乗り込んでいたエルノラの娘エリクト・サマヤのバイタルを認証して稼働する事態が発生し、エルノラとエリクトはルブリスでの脱出を図る。ナディムの自己犠牲によってはエルノラたちは宙域からの離脱には成功するが、フォールクヴァングは破壊され、ガンダムの開発計画はすべて凍結される。
引用元:wikipedia

今度の展開に注目ですね。

ガンダムの新作が百合作品と言われるのはなぜ?水星の魔女の内容は?

ここまで「ガンダムの新作が百合作品と言われるのはなぜ?水星の魔女の内容は?」として見てきました。

今後の展開も気になりますし、話題となるのは間違いなさそうですね。

他にも気になったことがあればご紹介したいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました