「ボクの殺意が恋をした」が面白くない?その理由やネットの声は?【2022最新】

ドラマ
スポンサーリンク

2021年7月4日からドラマの「ボクの殺意が恋をした」がスタートしました。

その第1話見られた視聴者から面白くないとの声が上がってきています。

個人的にはまだ1話目が終わったところなので、これからと言ったところではないかと思うのですが、どうなのでしょう。

そこでここでは『「ボクの殺意が恋をした」が面白くない?その理由やネットの声は?【2022最新】』としていろいろな声をご紹介してみたいと思います。

僕の殺意が恋をしたが面白くない?【2022最新】

僕の殺意が恋をしたは面白くないのか確認してみました。

コメディーということで、見てみた感想としては、所々に笑えるような場面もあり、単純に面白いなと感じました。

ただ、真面目に見てみると、大切な人を殺害されてしまい、復讐を誓ったにしてはそのような展開となってしまうか?との違和感があったように感じなきもなかったかなと。

特にコメディーだと知らずに見ていたら尚更そのように思うのではないかとも思いました。

「ボクの殺意が恋をした」が面白くない理由は?【2022最新】

僕の殺意が面白くない理由について考えて見たいと思います。

実際に考えてみて、自分の父親が殺された相手に恋をするとはなりませんよね〜

また設定が分かりにくいと言ったことが理由としてあるのではないかとも思います。

真面目に見た方なら、ふざけた一面が面白くないと感じてしまっても分からなくはないかなと。

最初からパロディー要素を含んだ作品とわかっていれば面白くないと感じてしまうこともないかもしれませんね。

「僕の殺意が恋をした」に対するネットの声は?【2022最新】

実際に「僕の殺意が恋をした」を見た人の声はどうだったのでしょう。

視聴者の意見:面白くない!

まずは面白くないという意見です。

視聴者の意見:面白かった!

続いて面白かったという意見としては

良くも悪くもといったところでしょうか。

ですが比較的に次回も見てみようという意見の方が多かったように思います。

引き続き視聴してみようと思いました。

僕の殺意が恋をしたの最終話のあらすじは?【2022最新】


僕の殺意が恋をしたの最終話のあらすじをご紹介します。

鳴宮美月引退会見が行われる中、柊(中川大志)と葵(新木優子)は、詩織(水野美紀)に追い詰められて絶体絶命の危機に。2人を人質に取られた丈一郎(藤木直人)は、会見を止めるしかなかった。
詩織は、丈一郎が来るのを待っていた。みんなまとめて始末すると冷酷に告げる詩織。さらに彼女は、SOSのためには人も殺すと言い放つ。柊は、優しかった詩織が殺人を犯したことが信じられない。

あくまで正義のためにやったと言う詩織に、柊は「詩織さんにとっての正義って何だよ!?」と問いかける。詩織は、SOSを立ち上げるきっかけとなった自らの過去を明かす。
武尊(小池徹平)が殺された経緯を知った葵は、詩織に怒りをぶつける。「人を殺すことにも正義はある」と、詩織は邪悪な論理を主張。一方、柊は、復讐のために鳴宮美月を殺そうとした自分を思い出して何も言えなくなってしまう。

詩織が再び銃の引き金を引こうとしたその時、丈一郎が現れるが……!?

引用元:公式サイト

最終話も楽しみですね〜

追記
最終話を見られた方の感想はどうだったのでしょう。


いや〜色々ありましたが最終話も面白かったですね〜。

毎週楽しませてもらいました。

ありがとうございました。

「ボクの殺意が恋をした」が面白くない?その理由やネットの声は?のまとめ【2022最新】

いかがでしたでしょうか。

ここでは「ボクの殺意が恋をした」が面白くない?その理由やネットの声は?【2022最新】として見て来ました。

まだまだいろいろな意見が上がって来ると思いますので追記もして行きます。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました