ファーストペンギンはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の10月5日から始まるテレビドラマの「ファーストペンギン!」。

主演は奈緒さんが務められます。

本作は漁業6次産業化を成功させた坪内知佳さんをモデルとした物語となるようですが、面白いのでしょうか。

気になりますよね〜

そこでここでは「ファーストペンギンはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!」として見ていきたいと思います。

ファーストペンギンはつまらない?面白い?


「ファーストペンギン!」はつまらないのでしょうか。

ネットの声をご紹介します。

評判いいですね〜

まだ第1話の放送が終わったところですが、今のところマイナスな意見は見当た
りませんでした。

今後の展開も楽しみです。

ファーストペンギンの評判やネットの反応は?


「ファーストペンギン!」の評判やネットの反応をご紹介します。

本作は実話をモデルとして作られています。

以前この物語が紹介されていたこともあったようですね。

ドラマ化してどのような展開になるのか楽しみです。

ファーストペンギンのあらすじは?

「ファーストペンギン!」のあらすじをご紹介します。

家なし、金なし、仕事なし――人生崖っぷちのシングルマザー・岩崎和佳(奈緒)は、5才の一人息子・進(石塚陸翔)を連れて、寂れた港町・汐ヶ崎に移り住んできたばかり。地元のホテルで仲居として働いていたある日、漁師の片岡洋(堤真一)と出会う。彼は、幼なじみの磯田高志(吹越満)と山中篤(梶原善)と共に立ち上げた漁船団「さんし船団丸」の社長。漁師たちの高齢化が進み、漁獲量も減りゆくばかりの港の窮状を憂い、かつての賑わいを取り戻したいと思っていた片岡だったが、これといった打開策も見いだせぬまま、ひそかに危機感を募らせていた。

そんな中、地元漁協の組合長・杉浦久光(梅沢富美男)の古希を祝う宴会の場で、仲居として働く和佳の姿を偶然見かけた片岡は、彼女の機転と働きぶりに感心し、「浜の立て直し」を頼み込む。アジとサバの違いもわからない和佳は、未知なる“漁業の世界”に飛び込むことに尻込みするが…。

片岡に連れて行かれた漁港で、「さんし船団丸」で働く若手漁師・永沢一希(鈴木伸之)がさばいた魚を振る舞われた和佳。すると、魚嫌いであるはずの進が、大喜びで食べている様にびっくり!自らも半信半疑で口にすると、あまりの魚の美味しさに感動し…!

こうして、半ば押し切られる形で、片岡の依頼を引き受けることになった和佳は、早速漁業について勉強を開始。東京にいる相談相手・琴平祐介(渡辺大知)からアドバイスを受けながら、魚の直販ビジネス「お魚ボックス」のアイデアを思いつき、片岡たちに提案。しかし、和佳の話を聞いた一同は渋い顔…。どうやら和佳が掲げた「お魚ボックス」案は、既存の流通の“中間業者”にあたる漁協や仲買をすっ飛ばすこととなるらしく、彼らに喧嘩を売るも同然なのだという。片岡たちから「漁協に逆らうなんてありえない」と猛反対を受け、渋々引き下がろうとする和佳だったが、内心は納得しきれていない様子で…。

漁師たち自ら、全国のお客さんたちに新鮮な魚を直接届ける「お魚ボックス」の実現に向けて、孤軍奮闘し始めた和佳。漁業ド素人の彼女が、ジリ貧状態の港に嵐を巻き起こそうとしていた!

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

追記第1話をご覧になられた方の声をご紹介します。

他にもたくさんのコメントが寄せられていましたが、やはりラストの岩崎さんの激昂シーンに対し、すっきりしたという声が多かったです。

こうなると後には引けなくなった今後がますます楽しみですね〜

「ファーストペンギン!」の第2話のあらすじは?

「ファーストペンギン!」の第2話あらすじをご紹介します。

漁師たちの前で威勢よく啖呵を切った岩崎和佳(奈緒)だったが、地元漁業を取り仕切る漁協に頭が上がらない片岡洋(堤真一)は、漁協の組合長・杉浦久光(梅沢富美男)に詫びを入れに行ってしまう。漁協だけでなく、漁師たちまで敵に回し孤立してしまった和佳だが、それでも諦めきれず、新たな作戦を考え決行することに!

早速和佳は、片岡たちに、「お魚ボックス」の注文が取れたから魚を分けてほしいとお願いするのだが…。片岡は、杉浦と約束したからと、魚を1匹も譲ってくれない。そこで和佳は、仲買人から魚を仕入れようとするのだが、既にそこにも杉浦の息がかかっており…。さらに杉浦の圧力は、和佳が勤めるホテルにまで及び、仲居の仕事を辞めざるを得ない状況に。従業員寮も出て行かなければならなくなってしまう。

そんな和佳のもとへ、追い打ちをかけるように、農林水産省の溝口静(松本若菜)から、「お魚ボックス」事業の認定取り消しに向けた動きが出ている、と電話が入る。どうやら、申請書類に判をついた統括支店長――通称「統括さん」(伊沢弘)が、「和佳から脅迫され判をつかされた」と漁協に訴えたらしい…。「地元の了承がないと、申請を取り消さざるを得なくなる」という溝口の話を聞き、焦りを募らせる和佳。

するとそこに、東京にいる琴平祐介(渡辺大知)から、お試しで送ってもらった「お魚ボックス」の魚がグズグズで商品にならないかも、と電話が入る。立て続けに起こるトラブルに、「私もう、無理かも……」と心折れそうになる和佳だったが、琴平に背中を押されなんとかやる気を取り戻し…!

そんな中和佳は、認定取り消しに待ったをかけるべく、“ある秘策”を思い付き、溝口に相談を持ち掛ける。「『女』を使えないか?」という和佳だったが、果たしてその思いもよらぬ大胆な秘策とは!?

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

ファーストペンギンはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介のまとめ!


ここでは「ファーストペンギンはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!」として見てきました。

放送を楽しみに待ちましょう。

何かわかれば追記もしていきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました