ゴシップがつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

ゴシップがつまらない・面白くないとの評判があるのは本当なのでしょうか。

賛否はある中で、その様に言われる理由はどこのあるのでしょうか。

そこでここでは 「ゴシップがつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?」として見ていきたいと思います。

 ゴシップがつまらないと評判?


ゴシップがつまらないとの評判はあるのでしょうか。

SNSの反応を確認して見たのですが、その様なコメントはほとんど見受けられませんでした。

まだ1話目の放送が終わったところなので、視聴者の方々ももう少し見てみての判断と言ったところではないでしょうか。

今後も放送が続いていくにあたり、その辺りの調査を続けていきたいと思います。

ゴシップがつまらない理由は?


現在1話目の放送が終わったところで、つまらないという意見はあまり見受けられず、つまらないという意見にも明確な理由があるわけではないものしかないという感じでした。

実際につまらない、面白くないという意見を見てみましょう。

やはり明確な理由はあまりありませんね。

今後放送が進むに連れていろいろな意見が出てくると思うので引き続き確認していきますね。

ゴシップは面白くないだけじゃない?


ゴシップが面白くないだけではないという理由も見ていきたいと思います。

面白くないだけじゃない理由①:出演する俳優陣

ゴシップが面白くないだけではない理由の1つ目は出演されている俳優人の演技力ではないでしょうか。

出演者の皆さんの演技力は高いと思うので、注目ポイントだと思います。

その辺りに注目して見てみると面白くないだけではないと思えるのではないかな〜と思います。

 面白くないだけじゃない理由②:物語の設定

ゴシップが面白くないだけではない理由の二つ目は物語の設定が挙げられると思います。

若干ありきたりだと思いがちですが、あまりパッとしない職場に新しい風を入れることのできる人物の加入により、その人に引っ張られて、その人も、周りの人たちも成長していき、職場がいい方向に変わっていく。

その様な物語には、元気ややる気を与えてもらえるものが多いと思います。

このゴシップもその様になっていきそうな感じですよね〜

以上がゴシップが面白くないだけではない理由ではないかと思います。

ゴシップのあらすじは?


ゴシップのあらすじをご紹介したいと思います。

【完全版】黒木華主演『ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇』ティザーPV【木10ドラマ】

大手出版社『クスノキ出版』の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木華)は、他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手だが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬・ケルベロスとも呼ばれている。そんな凛々子の能力を認め、彼女の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(安藤政信)は、凛々子にある仕事を命じる。それは、クスノキ出版が運営するニュースサイト『カンフルNEWS』の立て直しだった。

カンフルNEWSには、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)以下、凛々子と同期で、ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い根津道春(溝端淳平)、さまざまな女性と広く浅く付き合い、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(野村周平)、『週刊カンフル』の元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(野間口徹)、少年マンガ誌『ジャンクス』の編集部志望だった一本真琴(石井杏奈)が所属している。だが、その仕事ぶりはといえば、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信しており、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態だった。

編集部にやってきた凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。そんななか行われた編集会議で、アイドルと人気声優の交際がうわさされるきっかけとなったあるクリスマスパーティーが話題に上がった。そこで、そのパーティーにはゲーム・アプリ会社『グリフィン・ラボ』の代表や社員たちも出席しており、彼らをパワハラ企業として告発するという投稿があることを知る一同。グリフィン・ラボは、美少女女子高生キャラたちと新幹線で全国を旅しながら疑似恋愛体験ができる“萌えゲー”で急成長した会社だった。下馬は、危険だという凛々子の反対を無視し、このパワハラの件で1本記事を書くよう真琴に告げるが……。

凛々子が編集部に移動してきて編集部の人物たちが成長していくという内容なのでしょうか。

来週も楽しみにしたいと思いました。

ゴシップに対するネットの反応は?


ゴシップに対するネットの反応を見ていきたいと思います。

ゴシップに対する意見としては、やはり主演の黒木華さんの演技に対する意見が多かった印象ですね。

その辺りのも注目しながら見ていきたいと思います。

追記

ゴシップの第2話のあらすじは?

ゴシップの第2話のあらすじをご紹介します。

凛々子(黒木華)は、早期退職した山田(生瀬勝久)に代わって、『カンフルNEWS』の編集長に就任する。突然のことに困惑を隠せない根津(溝端淳平)や下馬(野村周平)ら部員たちを尻目に、せっせと編集部内の仕事環境を整える凛々子。

その頃、世間では人気俳優の前橋恵一(武田航平)と元女優の妻・清瀬みさと(清水葉月)の離婚が話題を集めていた。ワイドショーで「円満離婚」と報じられているのを見た凛々子は、「別れるのに関係は良好。意味がわからない……ザワザワする」と言い出し、主演舞台が初日を迎える前橋の囲み取材に行くことに。根津たちは、『カンフルNEWS』が前橋の所属事務所だけでなく、ほとんどの芸能事務所から取材NGや出入り禁止処分をくらっているから取材は無理だと告げる。だが凛々子はまったく耳を貸さず、自ら取材に行って記事も書く、と言って出かけてしまう。

凛々子は、カメラマン役として半ば強引に根津を引っ張って前橋の公演先を訪れる。案の定、凛々子たちは取材を断られてしまうが、前橋のマネージャーが根津の大学時代の先輩・牧紗耶香(秋元才加)だった縁で、今回だけという条件で囲み取材への参加を許される。ところが、そこで凛々子は「二人の間で性的な結びつきはいつまであったのか?」といきなり前橋に切り出し……。

面白くなっていきそうですね。

来週も楽しみにしたいと思います。

ゴシップがつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「ゴシップがつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?」として見てきました。

まだストーリーがどの様に進んでいくのかわからないので引き続き確認していきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました