持続可能な恋ですかはつまらない・面白くない?ネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の4月19日(火)より、上野樹里さんが主役を務めるドラマ「持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜」が始まりますね。

この持続可能な恋ですかは父と娘の「ダブル婚活」にチャレンジするという物語ということですが面白いのでしょうか。

気になりますよね〜

そこでここでは「持続可能な恋ですかはつまらない・面白くない?ネットの反応は?」として見て行きたいと思います。

持続可能な恋ですかはつまらない?


持続可能な恋ですかはつまらないのでしょうか。

第1話の放送後確認して見たのですが、今のところその様な意見はあまり見受けられませんでした。

内容としては父と娘が婚活するという内容ですが、現実的にまだそんなにない事例かなと思うので、今後が楽しみだなと感じました。

引き続き皆さんの意見も確認していこうと思います。

持続可能な恋ですかのあらすじは?

持続可能な恋ですかのあらすじをご紹介します。

ヨガインストラクターとして働く沢田杏花(上野樹里)は辞書編纂者の父・林太郎(松重豊)と2人暮らし。2年前に母が亡くなり、日常生活能力がゼロで生活が荒れ果てた父を見かねて実家へ戻った。
ヨガの生徒の前では心身ともに穏やかな暮らしを送っているよう取り繕っている杏花だが、実際の私生活は真逆。父・林太郎は散乱した部屋でスマホを探す杏花を見て、果たして娘は結婚できるのかと心配でならない。しかしヨガインストラクターとして独立したいという目標がある杏花は、恋人は欲しいが結婚願望は薄い。それどころか、父のお世話をする毎日に「結婚ってなに?」と疑問はつのるばかり。
そんなある日、杏花は独立のノウハウを学ぶために起業セミナーを受講し、そこで出会った東村晴太(田中圭)と意気投合する。後日二人で食事に行き、杏花は「結婚を前提にせず、お付き合いしてもらえませんか?」と、提案をするも、晴太からシングルファーザーだと告げられ、「友達になりませんか?」と提案されてしまう…。
そんな中、林太郎が妻の三回忌を機に遺品整理をしていると、妻が残した離婚届を発見。人生最大のショックを受けた父・林太郎は、杏花を巻き込んでの“父娘ダブル婚活”を思いつく。林太郎の勢いに押され、杏花はしぶしぶ親子で婚活パーティに出席するが、そこで思いもよらない人物に出会うことに――。
人生の再チャレンジに挑む父娘に波乱の恋が幕を開ける!

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

持続可能な恋ですかに対するネットの反応は?


持続可能な恋ですかに対するネットの反応を見て行きたいと思います。

皆さんの意見を見ていて、評判も良さそうですね。

時代もどんどん変わってきていますし、実際婚活アプリなどを活用して結婚される方はものすごく多いと聞きますよね。

杏花と晴太の行方と、颯の存在も気になりますよね〜

今後も見て行きたいと思います。

持続可能な恋ですかの第3話のあらすじは?


じぞ恋の第3話のあらすじをご紹介します。

晴太(田中圭)が“ある女性”(瀧内公美)と親しげに歩いていたのを目撃した杏花(上野樹里)は、その様子にショックを受けてしまう。家事もどこか上の空となり、仕事にも集中できない。
そんな中、仕事から帰宅すると、自宅のキッチンには颯(磯村勇斗)の姿が。街中でバッタリ再会し、颯の部屋が漏水で大変だと聞いた林太郎(松重豊)は、杏花が言っていた好きな人とは颯のことだと勝手に勘違いし、自宅に住まわせることを決めてしまう。こうして突然始まることになった同居生活。
そんな中、杏花は晴太と再会するも一緒にいた女性のことを中々聞き出せずにいた。一方で颯が杏花の家に同居することになったと知った晴太は颯の引っ越しを手伝うと言い出し…
一方の林太郎は通院で明里(井川遥)のクリニックを訪れた際、明里がお見合いをすると知り、密かにショックを受ける。
杏花、晴太そして颯のいじらしい三角関係がついに動き出す…!

引用元:公式サイト

次回も楽しみです。

追記

第3話をご覧になられた方の声をご紹介します。

まだぎこちない杏花と晴太のもどかしいながらも、少しづつ近づいてる距離感が絶妙でいいですね。

颯の存在がいっそう2人の間を掻き立てているところも面白くて、続きが気になりすぎる。

お父さんの方もうまく行きそうな感じで気になりますし。

ああ〜来週が待ち遠しい!

持続可能な恋ですかの第4話のあらすじは?

じぞ恋の第4話のあらすじをご紹介します。

颯(磯村勇斗)との同居生活にも慣れたある日、杏花(上野樹里)ヴァネッサ(柚希礼音)から新しいヨガスタジオのマネージメントを任せたいとオファーされる。マネージメントならある程度は自分の理想のスタジオが作れる上、プライベートも大切にできてシングルファーザーである晴太(田中圭)との関係も考えられるかもしれないと…杏花の中に迷いが生まれていた。一方。明里(井川遥)のクリニックを訪れた林太郎(松重豊)は、明里から思いがけない誘いを受ける。
そんな中、独立を目指す杏花のモデルケースになればと、晴太の誘いでパーソナルジムを営む先輩女性起業家・足立瞳(MEGUMI)を訪ねる2人。しかしそこは「胸キュンプログラム」を行う “カップルジム”だった。起業の話も聞けて一緒に運動をして距離が縮まるが、「がんばって独立の夢を叶えて欲しい」という晴太とケンカになってしまう…
一方、颯にはある女性から不在着信がー
すれ違う杏花と晴太…そして颯、それぞれの恋・悩みの行方は…。

引用元:公式サイト

来週も楽しみですね。

追記

第4話をご覧になられた方の声をご紹介します。

皆さん絶賛されている様に第4話も、って言うかどんどん面白くなってきていますね。

登場人物に悪い人はいなくて、嫌味もなくみんな応援したくなる感じが見ていて本当に癒されます。

杏花の晴太とのまだぎこちない感じや、颯との自然な関係も、とても丁寧に表現されているとおっしゃられている方がいたのですが、その通りだな〜と思いました。

来週の予告も気になりすぎるし、次回放送が待ち遠しいですね。

持続可能な恋ですかの第5話のあらすじは?

じぞ恋の第5話のあらすじをご紹介します。

起業セミナー最後の日、杏花(上野樹里)への想いを抑えきれず突然ハグをした晴太(田中圭)。ちょうど帰宅した颯(磯村勇斗)は2人が抱き合うところを目撃してしまう。結局何事もなく別れた二人…杏花は「もう会えないのかな」と晴太への想いを募らせていく。
そんな中、ヴァネッサ(柚希礼音)からTAMAGAWAサステナブルフェスの仕切りを任された杏花は、陽子(八木亜希子)の服をそのバザーで販売することに。「陽子もその方が喜ぶだろう」と、林太郎(松重豊)も亡くなった妻の服を手放す決心をする。訪れたフェス当日、お見合いが終わった林太郎はその足で会場へと向かう。しかしバザーに出す予定がなかった陽子のオレンジのスカーフが手違いでバザーに出品され、すでに買われてしまっていた…。このストールには実は、亡き妻・陽子の大切な想い出が詰まっており、ショックを受ける林太郎。杏花や颯、会場に来ていた明里(井川遥)が必死になってスカーフを探すが、果たして…。
そしてそんな父の姿を見て、「会いたい人に会える今」のかけがえのなさに突き動かされた杏花はある場所へと向かい…。

引用元:公式サイト

次回も本当に楽しみです。

追記

第5話をご覧になられた方の声をご紹介します。

5話も素敵だったと思います。

お父さんが日向にとった行動もかつて奥さんからしてもらったことであったり、あのストールにこもった思い出がとても素敵で帰ってきて本当に良かった。

杏花と晴太もですけど、個人的にはお父さんを応援したいなってなっています。

杏花にとってはもう心配できないお母さんよりもお父さんのことの方が心配になる気持ちもわかるし、自分の気持ちよりもお父さんを思う杏花の優しさが染みた様に思いました。

また一歩杏花と晴太の距離が縮まりましたが、今後の展開も気になりまくっています。

次回も楽しみですね〜

じぞ恋の第6話のあらすじは?


じぞ恋の第6話のあらすじをご紹介します。

引き合うようにキスをした杏花(上野樹里)と晴太(田中圭)だったが、結局何事もなかったかのように別れてしまう。杏花は、「一体アレは何だったのか」とキスのことや晴太の言葉が頭の中を駆け巡り集中できない…
そんな中、毎年恒例のウィズキッズ・キャンプイベントが開催されることに。キャンプで好きな子に告白するつもりの虹朗(鈴木楽)は、颯(磯村勇斗)の好きな人が杏花だと知り、「颯先生の恋を応援する!」と意気込む。
一方、杏花は颯の知り合いが店長を務めるインド料理屋で休憩時間にヨガレッスンをさせてもらえることに。レッスンを終えて杏花がお店のカレーを食べていると、偶然晴太と虹朗と出くわし…颯の恋を応援したい虹朗は、杏花に「一緒にキャンプに行って欲しい」と提案する。
こうして迎えたキャンプ当日。仕事で来れないはずだった晴太も駆けつけ、三角関係は波乱の模様…
そんな中、お見合い相手とタクシーに乗っていた明里(井川遥)は、カーラジオから林太郎(松重豊)の声が聞こえてくることに気づく。日本語学者として語る林太郎の言葉が胸に刺さった明里は…

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記

第6話をご覧になられた方の声をご紹介します。

今週も面白かった!

ですが颯が・・・

颯に取ってはキツすぎる展開となってしまいましたね。

家族になってしまったと言い出て行ってしまった颯。

2人の距離感が縮まっていくのは見ていてほっこりしますが颯の今後の動きにも注目したいと思います。

じぞ恋の第7話のあらすじは?


じぞ恋の第7話のあらすじをご紹介したいと思います。

メモを残し沢田家から出て行ってしまった颯(磯村勇斗)。電話をしても留守電、LINEも既読スルー。杏花(上野樹里)林太郎(松重豊)は、突然姿を消したことを心配するも、颯はある場所へと向かっていた…
そんな中、ついにヴァネッサ(柚希礼音)に独立の話を打ち明けた杏花。ヴァネッサからは友人のコンサルタントを紹介すると意外にも前向きな答えが。ヴァネッサと一緒にレストランでその友人を待っていると、現れたのは意外な人物で…
一方、ついに付き合うことになった杏花と晴太(田中圭)は「結婚を前提にしないお付き合い」のルールを決めることに。晴太は、「虹朗(鈴木楽)ファーストで杏花は仕事ファーストでいこう」と決める。さらに2人はデートへ出掛けるもハプニングが起きてしまう。
同じ頃、父・林太郎の元に一通のメールが届く。それは明里(井川遥)からのまさかのデートのお誘いで、林太郎は慌てふためき…。
偶然にも杏花と林太郎、それぞれデートに出かけることになった父娘2人の行方は…?

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

持続可能な恋ですかはつまらない・面白くない?ネットの反応は?のまとめ!


ここでは「持続可能な恋ですかはつまらない・面白くない?ネットの反応は?」として見てきました。

果たして父と娘のダブル婚活はうまくいくのでしょうか。

放送を楽しみにしたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました