鎌倉殿の13人がつまらない・面白くないと評判?理由を調査!

ドラマ
スポンサーリンク

鎌倉殿の13人がつまらない・面白くないという評判があるのは本当なのでしょうか。

またその様に言われているのであれば、その理由はどこにあるのかが気になりました。

そこでここでは 「鎌倉殿の13人がつまらない・面白くないと評判?理由を調査!」として見ていきたいと思います。

鎌倉殿の13人がつまらないと評判?


鎌倉殿の13人がつまらないとの評判はあるのでしょうか。

SNSの反応を確認して見ましたが、つまらない、面白くないとの意見はあまりないと言った感じでした。

あったのは現代らしからぬ点に対するものや、三谷監督の作品が苦手との意見が少しあったくらいですかね〜

ただまだ1話目の放送が終わったところなので、今後の評価かどうかという点を引き続き確認していきたいと思います。

鎌倉殿の13人がつまらない理由!


鎌倉殿の13人がつまらないとの意見からその理由を考えて見ました。

つまらないと言われている理由としては、現代らしくない台詞であったり、演出ではないかと思います。

確かにその様な意見があることも確かであるとも思えますね〜

1話での台詞で「首チョンパ」という台詞が出てきたのですが、ネットで話題になっていました。

当時の人はその様な表現をしないはずで、その辺りに疑問を持たれる方からすると、面白くないと思ってしまうのではないでしょうか。

以上鎌倉殿の13人がつまらないと言われる理由でした。

鎌倉殿の13人は面白くないだけではない?


鎌倉殿の13人が面白くないだけではないという理由も見ていきたいと思います。

面白くないだけではない理由①:出演している俳優陣

鎌倉殿の13人が面白くないだけではない理由の1つ目は、やはり豪華すぎる俳優陣ですよね〜

主演の小栗旬さんをはじめとする演技派の出演者で固められていることは、見ていても安定していて楽しませてもらえるのではないでしょうか。

 面白くないだけではない理由②:現代風の演出

鎌倉殿の13人が面白くないだけではない理由の2つ目は現代風の演出ではないでしょうか。

これは面白くないという理由と相反しますが、やはり堅苦しい昔の台詞などではストーリーが入ってきにくいということもあるかと思います。

その点この鎌倉殿の13人では、現代風の台詞で表現されているので、非常にわかりやすいのではないでしょうか。

鎌倉殿の13人のあらすじは?


鎌倉殿の13人のあらすじをご紹介したいと思います。

鎌倉殿の13人「大河ドラマ第61作」予告編 2022

北条家が暮らす伊豆国は太平洋に向かって張り出す半島であり、五畿七道東海道に含まれる国です。“最北部を除く大半の地域が都と坂東をつなぐ交通路から外れる”という地理的な条件により、古来、伊豆国は中央政治から隔離しやすく、都から政治犯が流される流罪の地として利用されてきました。
北条氏の本拠・北条は、中央にそびえる天城山系の西側、現在の静岡県伊豆の国市韮山にありました。駿河湾に注ぐ狩野川沿いに位置し、伊豆国内の政治・経済の中心地である国府三島との往還には舟を用いることも可能な土地です。

一方、天城山系の東側には、伊豆国で最も有力な伊東氏の本拠・伊東がありました。現在の静岡県伊東市です。物語が始まる安元元年(1175)、都では治天の君後白河法皇と良好な関係を築いた平家が隆盛を誇り、平家の総帥・平清盛の嫡男・重盛家の家人であった伊東祐親が、その威光を背景に勢力を伸ばしていました。そして、平治元年(1159)の平治の乱で捕らえられ罪人となった源頼朝は、平家の息のかかった祐親の監視の下で流人生活を送っていました。

放送を楽しみにしたいと思います。

鎌倉殿の13人に対するネットの反応は?


鎌倉殿の13人に対するネットの反応を見ていきたいと思います。

皆さんがおっしゃられている様に面白かったですよ〜

鎌倉殿の13人の第19話のあらすじは?

鎌倉殿の13人の第19話のあらすじをご紹介します。

鎌倉入りを許されず京で悲嘆にくれる義経(菅田将暉)。義時(小栗旬)は大江広元(栗原英雄)に知恵を借り、源頼朝(大泉洋)と義経との関係修復を模索するが、後白河法皇(西田敏行)はそれを許さない。愚痴をもらす頼朝に対し苦言を呈す八重(新垣結衣)。この状況を政子(小池栄子)が憂う中、京では義経をめぐって里(三浦透子)と静(石橋静河)が対立。さらに源行家(杉本哲太)が義経に近づいて頼朝への疑心をあおり……

次週も楽しみですね〜

追記

第19話をご覧になられた方の声をご紹介します。

いよいよ義経が追い詰められ始めましたね。

本当のところはわかりきらないとはいえ、義経の想いはどうだったのかと考えてしまいました。

ずっと義経のことは危うい存在であるのかと思っていまいしたが、小四郎の言う通り、九郎は人を信じすぎたと言うことも、今になってその様に思える様になったと思います。

本作でどの様な最後を迎えるのか、見届けたいと思います。

鎌倉殿の13人の第20話のあらすじは?

鎌倉殿の13人の第20話のあらすじをご紹介します。

京を離れ、奥州へ逃れた源義経(菅田将暉)。しかし、温かく迎え入れてくれた奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)が程なく死去。これを知った義時(小栗旬)は、状況を探るため平泉行きを志願するが、義経の才を恐れる源頼朝(大泉洋)は、藤原国衡(平山祐介)泰衡(山本浩司)兄弟の仲の悪さにつけ込み義経を討つように冷たく命じる。八重(新垣結衣)に見送られ、平泉へと義時。一方、捕らわれた静御前(石橋静河)は鎌倉で……

次回も楽しみにしたいと思います。

追記

第20話をご覧になられた方の声をご紹介します。

ついに義経が最後を迎えてしまいました。

上総介からの展開が毎回辛かったので今後は緩い展開も少しお願いしたい思いもありますが、どうでしょうかね。

いろんな思い違いが交錯してしまったこともあるでしょうが、鎌倉殿の義経への本音があった場面は流石に切なかったです。

義経が今後見ることができないことの残念ではありますね〜

まだまだ物語は続くので、今後も楽しみにしたいと思います。

鎌倉殿の13人の第21話のあらすじは?

鎌倉殿の13人の第21話のあらすじをご紹介します。

源義経(菅田将暉)を失った奥州に攻め込み、藤原泰衡(山本浩司)を討ち取る源頼朝(大泉洋)義時(小栗旬)畠山重忠(中川大志)らが在りし日の義経をしのぶ中、頼朝毅然きぜんと上洛に向けて動き出す。一方、京の後白河法皇(西田敏行)丹後局(鈴木京香)と今後の動静を憂慮し、きたるべき日に備えていた。そんな中、鎌倉では八重(新垣結衣)が子どもたちの世話に奔走。八重の明るい表情に、政子(小池栄子)も目を細めるが……

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記

第21話をご覧になられた方の声をご紹介します。

小四郎、八重さんが・・・

ここまで自己嫌悪に陥っていた小四郎を支えてきた唯一の存在だった八重さんがいなくなってしまって、小四郎はどうなっちゃうの?

ようやく幸せを手に入れてここからって時に。

八重さんも小四郎も金剛も可哀想すぎた。

これ以上悲しい展開は続かない様に祈るしかありません。

鎌倉殿の13人の第22話のあらすじは?

鎌倉殿の13人の第22話のあらすじをご紹介します。

源頼朝(大泉洋)の上洛が決まり、命に従い随行する義時(小栗旬)。大軍を率いて念願であった京へと上った頼朝は、後白河法皇(西田敏行)九条兼実(田中直樹)と会談。今後の世のあり方を思い描く。そんな中、自分たちには利益のない上洛に、三浦義澄(佐藤B作)岡崎義実(たかお鷹)千葉常胤(岡本信人)らが不満を募らせていた。一方、比企能員(佐藤二朗)は比企家の地位を盤石にするため、一族の比奈(堀田真由)を……

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記

第22話をご覧になられた方の声をご紹介します。

鶴丸を庇った金剛。

八重がいなくなっても、彼女が育ててきた子供たちは立派に成長していて、そのことがわかったら余計に八重がいなくなったことに切なくなりました。

比奈の登場に相変わらずの頼朝でしたが、小四郎はまだ八重のことがあって受け入れることは難しそうでしたね〜

今後どうなるのか注目したいと思います。

鎌倉殿の13人の第23話のあらすじは?

鎌倉殿の13人の第23話のあらすじをご紹介します。

嫡男・万寿(金子大地)の披露目の場とするため、御家人を集めて富士の裾野で巻狩りを行うことを決めた源頼朝(大泉洋)工藤祐経(坪倉由幸)が賞賛する中、頼朝を憎む曽我十郎(田邊和也)五郎(田中俊介)兄弟らが謀反を計画。梶原景時(中村獅童)から企みを知らされた義時(小栗旬)は、急ぎ五郎烏帽子親である父・北条時政(坂東彌十郎)のもとへと向かう。不穏な気配が漂う巻狩りには、義時の愛息・金剛(坂口健太郎)も……

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記

第23話をご覧になられた方の声をご紹介します。

万寿も金剛も立派に大きくなっていましたね。

今後も活躍する2人が楽しみです。

これまで悪運強かった頼朝ですが、明らかに今後の不安を感じ取ったあたりから、これからどの様な展開を迎えていくのかも楽しみですね。

次回にも期待したいと思います。

鎌倉殿の13人の第24話のあらすじは?

鎌倉殿の13人の第24話のあらすじをご紹介します。

源頼朝(大泉洋)万寿(金子大地)巻狩りを終えて無事に戻り、喜ぶ政子(小池栄子)。しかし、頼朝は自身に代わって鎌倉殿の座に就こうとした弟・範頼(迫田孝也)を許さず、余波が鎌倉を揺るがしていた。比奈(堀田真由)を傍らに、三浦義村(山本耕史)金剛(坂口健太郎)と思いを巡らせる義時(小栗旬)。そんな中、亡き許嫁いいなずけ源義高(市川染五郎)を慕い続ける大姫(南沙良)は、頼朝が用意した縁談話を歯牙にもかけず……

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね。

追記第24話をご覧になられた方の声をご紹介します。

悲しい回でした。

大姫は何のために生まれてきたのだろうと思ってしまったほど。

巴に会い、良心のため再度入内の決意をしたのに報われなさすぎました。

義高に会えるからという思いが本当に強くて、20歳という若さで他界してしまった大姫は幸せだったのでしょうか。

本当に辛い人生だったのではないかと思うと切なすぎましたね。

義高と幸せになっていてほしいものです。

そして、蒲殿も帰らぬ人となってしましました。

頼朝も天から見放されてきているのかもしれませんね。

来週も楽しみです。

鎌倉殿の13人の第25話のあらすじは?

YouTube
Share your videos with friends, family, and the world

鎌倉殿の13人の第25話のあらすじをご紹介します。

身に降りかかる不幸が続き、不安にさいなまれる源頼朝(大泉洋)政子(小池栄子)が心配する中、過剰に助言を求められる全成(新納慎也)は困惑し、実衣(宮澤エマ)と思案する。一方、源頼家(金子大地)に長男・一幡が誕生。比企能員(佐藤二朗)鎌倉殿の継承に心を躍らせ、比企の台頭を危惧するりく(宮沢りえ)北条時政(坂東彌十郎)をたきつける。そんなとき、頼家に呼び出された義時(小栗旬)は、三浦義村(山本耕史)から……

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記

第25話をご覧になられた方の声をご紹介します。

ついに頼朝も・・・

いろいろ思うところもありますが、自身の使命をまっとうするため、苦しみながらも書けるけていたんだと思うと切なくなりました。

描写では病気にも見えるし、そうではないかもとも思わせる様な・・

義時にだけ鈴の音が聞こえなかったのは、義時は頼朝がああなることを知っていたから?

そのことについてはこちらでご紹介しています。

鎌倉殿の13人で義時だけ鈴の音が聞こえなかったのはなぜ?理由は?

なんにせよこれから地獄が始まってしまうのかと思うと気が重いところもありますが、続きを楽しみにしたいと思います。

鎌倉殿の13人の第26話のあらすじは?

鎌倉殿の13人の第26話のあらすじをご紹介します。

安達盛長(野添義弘)が涙に暮れる中、義時(小栗旬)は先を見据え、大江広元(栗原英雄)らと頼朝の嫡男・頼家(金子大地)を次の鎌倉殿とする新体制作りを始める。しかし、比企能員(佐藤二朗)の力が増すことを嫌うりく(宮沢りえ)が、夫・北条時政(坂東彌十郎)をたきつけてこの流れに対抗。鎌倉に不穏な空気が流れる中、狩りから戻った頼家は……

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

鎌倉殿の13人がつまらない・面白くないと評判?理由を調査!のまとめ!

ここでは「鎌倉殿の13人がつまらない・面白くないと評判?理由を調査!」として見てきました。

大河ドラマの放送期間は長いので、これからどんどん面白くなっていくことに期待できます。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました