未来への10カウントはつまらない?その理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の4月14日(木)より、木村拓哉さん主演のドラマ「未来への10カウント」の放送が始まりますね。

木村さん自身初の学園スポーツドラマということで話題になっている様ですが面白いのでしょうか。

とても気になりますね〜

そこでここでは「未来への10カウントはつまらない?その理由とネットの反応は?」として見て行きたいと思います。

未来への10カウントはつまらない?


未来への10カウントはつまらないのでしょうか。

調べてみましたが、今のところその様な意見は上がっていませんでした。

まだ1話目の放送が終わったところなので引き続き確認していきたいと思います。

未来への10カウントがつまらない理由


未来への10カウントがつまらない理由はどの様なところなのでしょう。

現在第1話の放送が終わったところで、今のところつまらないと言った意見はなかったので、引き続き確認していきたいと思います。

未来への10カウントはつまらないだけじゃない?


未来への10カウントがつまらないだけじゃない理由も見ていきたいと思います。

つまらないだけじゃない理由①出演者が豪華

未来への10カウントがつまらないだけじゃない理由の1つ目は、何と言っても出演者が豪華ということが挙げられると思います

主演の木村拓哉さんをはじめ、満島ひかりさん、安田顕さん、内田有紀さんなど、この面々で面白くないはずがありませんね。

未来への10カウントのあらすじは?

未来への10カウントのあらすじをご紹介します。

高校時代にボクシングで4冠を達成するという輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、今では完全に生きる希望を失ってしまった桐沢祥吾(木村拓哉)。彼はピザの配達アルバイトで食いつなぐ一方、「いつ死んでもいい」と口にする日々を送っていた――。

 そんな彼をなんとか元気づけようとしていたのが、高校時代に桐沢と共にボクシング部で汗を流した親友・甲斐誠一郎(安田顕)だった。だが、あの頃とはまるで人が変わり、頑として明るい未来を想像しようともしない桐沢…。彼の今後を本気で心配した甲斐は、母校・松葉台高校ボクシング部の前監督・芦屋賢三(柄本明)に相談し、桐沢を芦屋の後任に抜擢しようとする。もちろん、桐沢本人は至って後ろ向き。だが、恩師である芦屋から土下座までされた桐沢は、むげに断ることができず、監督ではなく“臨時コーチ”として母校に舞い戻るのだが…。

 松葉台高校は今や、昔と違って東大合格者も出す進学校。芦屋が監督を退いてからというもの、ボクシング部もみるみる弱体化していた。しかも、校長の大場麻琴(内田有紀)は部活承認に必要な部員数を満たしていないことを大義名分に、近々ボクシング部を潰そうと画策! そんな中、突然顧問に任命された折原葵(満島ひかり)も、ボクシングに対する思い入れや知識がまるでなく…。

 熱意がまったく感じられない新コーチと新顧問を目の前に、さまざまな思いに駆られるボクシング部の面々。その矢先、桐沢がかつて4冠を達成した人物だと知った部長・伊庭海斗(髙橋海人)は何を考えたか、いきなり公開スパーリングを申し込み…!?

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

未来への10カウントに対するネットの反応は?


未来への10カウントに対するネットの反応を見ていきたいと思います。

皆さんの評価もまずまずの様でした。

1話目からおもしろかったので、次回も期待したいと思います。

未来への10カウントの第5話のあらすじは?


未来への10カウントの第5話のあらすじをご紹介します。

今ではすっかり弱体化した母校・松葉台高校ボクシング部と共に、コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が背水の陣で挑んだインターハイ予選。だが、ただひとり2回戦へ駒を進めた女子部員・水野あかり(山田杏奈)も、圧倒的に格上の京明高校に破れてしまう。結果はともあれ、全力でぶつかったあかりを心からたたえる桐沢。ところが…!

京明に負けたことを理由に、松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)は桐沢にコーチ解任を宣告。過去に幾度も人生の辛苦をなめてきた桐沢は、早々に「そういう人生だから、どうしようもない」と諦め、コーチおよび非常勤講師を辞めることに…。希望が見えない日々の中で、ようやく得た“生き甲斐”をいとも簡単に手放そうとする桐沢を、なんとか引き留めようとするボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)。部員たちも一方的に告げられたコーチ解任に憤慨する。

だがそれぞれ、やりきれない思いを抱えつつも、前へ進まなければならない。葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチになってほしいと依頼。桐沢も「お前なら安心して、あいつらを任せられる」と、甲斐にボクシング部の未来を託す。

ところがその矢先、大阪から凄腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)が転校してきて、ボクシング部に入部! 「この中じゃ、俺が一番強いやろうな」と生意気な口を叩く西条、そんな彼の実力を見て「うちのエースになる!」と興奮する甲斐に、部員たちは反感を覚え…。

そんな中、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井海音)が突然、行方不明になった! 警察も動くほどの事態になっていると知った桐沢は心配でたまらず、江戸川を探す。部員の絶体絶命の危機に桐沢はとんでもない行動に出るが…!?

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね。

追記

第5話をご覧になられた方の声をご紹介します。


今週も面白かったです。

特に桐沢が、江戸川くんを救出するシーンでのアクションシーンはかっこよかった!

かなりスカッッとしたし、非常勤講師とコーチ復活もよかった。

次回は亡くなられた元妻に似た人物の登場があるみたいで、桐沢にどんな影響を及ぼすのか気になりすぎますね。

楽しみにしたいと思います。

未来への10カウントの第6話のあらすじは?


未来への10カウントの第6話のあらすじをご紹介します。

 宅配ピザのアルバイトをしている松葉台高校ボクシング部のコーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)はある日、デリバリー先で思わず言葉を失ってしまう。注文主の女性が亡くなったはずの最愛の妻・史織(波瑠)と同じ顔だったからだ!

 一方、ボクシング部はきたる関東大会に向け、練習に精を出していた。そんな中、パンチを当てないスパーリング=マスボクシングをしている最中、部内一の実力を持つ1年生・西条桃介(村上虹郎)のパンチが、同じバンダム級の友部陸(佐久本宝)の目に当ってしまう。相変わらず生意気な西条は謝りつつも、ほかの部員から責められるや、ムキになって友部を見下す始末…。かたや、眼科の診察で目は無傷だったと判明しつつも、もともとボクシングには向いていないと自覚していた友部は意気消沈。西条と試合で当たったら確実に負ける、と涙ながらに吐露する彼を、桐沢は懸命に励ますが…。

 その直後、友部を連れて眼科を訪れていた桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)、桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)は会計時に思わず息をのむ。何たる偶然か…会計事務をしていたのは史織と同じ顔のあの女性だったのだ! 激しく動揺する桐沢。その姿を見た葵もまた、静かに動揺。さらに、そんな葵に密かに恋心を寄せていた甲斐も、ショックを受け…。

 その矢先、ボクシング部に新たな試練が降りかかる。松葉台高校の校長・大場麻琴(内田有紀)が何を考えたか、勝手に強豪・京明高校ボクシング部との練習試合を取り付けてきたのだ! 「打倒・京明」という大目標をふたたび突きつけられ、大半の部員がビビる中、自信満々の西条。そんな彼らに対し、桐沢は出場メンバーをとんでもない方法で決めると言い出し…!?

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記第6話をご覧になられた方の声をご紹介します。

今週も面白かった!

史織さん似の人物の登場でどうなるのかと思っていましたが、やはり他人、動揺はしていた桐沢さんでしたが、気持ちを整理して切り替えるところも素晴らしかったと思いました。

また友部くんの頑張りに引き込まれましたね〜

決して桃介くんが劣ってたわけじゃないのでどうか気さらないで欲しい!

予告からすると問題を起こしてしまう様ですが、どうなるのか気になりますね。

練習試合も始まりますし、来週も楽しみですね〜

未来への10カウントの第7話のあらすじは?


未来への10カウントの第7話のあらすじをご紹介します。

弱小・松葉台高校ボクシング部と強豪・京明高校の練習試合が始まった! コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が選抜した松高の出場メンバーは苦戦しながらも、全力で京明と対戦。ところが…松高唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)がインターハイ予選で大敗を喫した奥村紗耶(山本千尋)に再度挑もうとしたその時、予期せぬ事件が起こる。部内一の実力がありながらも桐沢の采配で出場メンバーから外され、試合会場にも姿を見せなかった西条桃介(村上虹郎)が、上級生2人に殴りかかったのだ! 現場を目撃した松高の教師・間地真実(八嶋智人)はすぐさま、校長・大場麻琴(内田有紀)に報告。桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は緊急の呼び出しを食らい、あかりの試合は中止になってしまう…。しかも西条は、桐沢に試合から外されイラついていたと主張。桐沢も自らに責任の一端があると認めたため、ボクシング部は期間未定の活動停止を言い渡されてしまう!

 とんだとばっちりに憤慨し、西条への怒りをあらわにするボクシング部の面々。だが、桐沢はなぜか西条のことを一切責めようとはせず、淡々とした態度で生徒たちを家に帰す。かたや、部員たちの気持ちが痛いほど分かる葵は、桐沢の対応を非難するが…!?

 実は、桐沢にはこの一件でどうにも引っかかることがあり、西条が何かを隠していると察していた。真実を確かめるため、桐沢は自宅謹慎処分になった西条の自宅を訪問。ところが「本当のことを言え」と語りかける桐沢に対し、西条は「そういう大人が一番嫌いやねん」と背を向け…。

 そんな中、“これまでにない方法”で西条やボクシング部と向き合い、完全決裂の危機に陥った部を立て直そうとする桐沢。だが、その先には…“あまりにも残酷な未来”が待ち受けていた――!

引用元:公式サイト

次回は拡大スペシャルということの様ですが楽しみですね。

未来への10カウントはつまらない?その理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「未来への10カウントはつまらない?その理由とネットの反応は?」としてみてきました。

これからどんどん熱い展開になっていきそうで楽しみですね〜

注目していきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました