アバランチは面白くない・つまらない?その理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2021年10月18日よりテレビドラマの「アバランチ」の放送がスタートしました。

まだ第1話の放送が終わったばかりですが、アバランチはつまらないのでしょうか。

皆さんが第1話をご覧になられてどのように思っているのかも気になりますよね〜

そこでここでは「アバランチは面白くない・つまらない?その理由とネットの反応は?」としてテレビドラマの「アバランチ」についてみて行きたいと思います。

アバランチは面白くない・つまらない?その理由は?


アバランチがつまらない・面白くないのでしょうか。

面白くないという意見とその理由についてみてみたいと思います。

面白くないといった意見はこちらです。

厳しいですがこのように思っておられる方もいます。

ただこのくらいしか見つけることができず、理由としてもなるほどと思えるようなものはありませんでした。

アバランチに対するネットの反応は?


アバランチに対するネットの反応をみてみたいと思います。

皆さん口々にこのようにおっしゃられていました。

見ていて思ったのは皆さんと同じでとにかく冒頭からすでにカッコよかった!

アクションシーンもありそのように思えた要因でした。

内容的にもグレーゾーンを暴いたりといったもので、爽快感もあって面白かったと思います。

次回も楽しみになりました!

アバランチのあらすじは?


アバランチのあらすじをご紹介します。

新月10ドラマ『アバランチ』第1話予告映像 60秒ver.

「東京の新たな大規模都市開発プロジェクトのリーダーが謎の失踪」。そんなニュースが報じられる中、警視庁捜査一課から左遷された西城英輔(福士蒼汰)は、誰も寄り付かない地下室に設けられた新たな配属先を訪れる。「特別犯罪対策企画室」と記された扉の先にいたのは、室長・山守美智代(木村佳乃)ただ1人。ここで自分は何の仕事をするのか?状況が飲み込めない西城は山守に命じられるまま、とある雑居ビルまで山守を車で送り届ける。

山守から車での待機を命じられたものの、興味本位でビルのエントランスまで出てきた西城は、郵便ボックスに記された見慣れないマークを見つけた矢先、羽生誠一(綾野剛)から声をかけられる。初対面のはずなのに西城の素性や経歴を知り尽くしていた羽生は、薄気味悪さを感じる西城を尻目にビルの階段を上っていった。

その後、ビルの一室に集結した山守、羽生、牧原大志(千葉雄大)、明石リナ(高橋メアリージュン)、打本鉄治(田中要次)の5人。「みんなそろったわね。では始めましょうか」。モニターに映し出されたのは、例の失踪事件のニュース。山守の一声で始動したアバランチが起こす行動とは――?

これを見てドラマを見てみたくなりました。

第1話の評判は皆さんおっしゃられているようによかったと思います。

アバランチの第9話のあらすじは?

アバランチの第9話のあらすじをご紹介します。

月10ドラマ『アバランチ』第9話予告映像15秒ver.

日本版CIA創立をもくろむ大山健吾(渡部篤郎)によって、テロリスト集団に仕立て上げられたアバランチ。羽生誠一(綾野剛)は主犯格として指名手配犯にされ、打本鉄治(田中要次)は一般市民を救うために犠牲となった。さらに、暗躍していた桐島雄司(山中崇)の正体をも見破った大山は、それでもなお正義の灯を消そうとしない山守美智代(木村佳乃)のもとに、ある人物を連れてくる。それは、3年前に偽装テロ事件で命を落としたはずの藤田(駿河太郎)だった――!驚きのあまり言葉が出ない山守に、藤田は…。
その頃、桐島の手引きで極東リサーチから逃げ延びた羽生は、アバランチの後ろ盾である大道寺(品川徹)の屋敷にいた。大山に完敗したことを認め、もう一度立ち上がろうとする羽生は、藤田が生きていることを知ると…。

大山はやはり上手でしたね〜

打さんは本当に死んでしまったのか。

そして衝撃の藤田の生存!

そのことを今まで黙っていたのはなぜなのか。

次回も楽しみにしたいと思います。

追記
第9話をご覧になられた方の意見を見て行きたいと思います。


終始え?え?ってなってしまいました。

本当にみんなの努力は何だったのか。

とにかくどんな理由があったのかがわからなければ納得できないですよね〜

果たして羽生はピンチを切り抜けれるのか?

ここにきての西城くんの活躍がどう出るのか?

次回は最終回となってしまい、待ち遠しいですが結末を楽しみにしたいと思います。

アバランチの最終回のあらすじは?

アバランチの最終回のあらすじをご紹介いたします。

月10ドラマ『アバランチ』最終回・第10話予告映像15秒ver.

藤田(駿河太郎)は山守美智代(木村佳乃)ではなく、羽生誠一(綾野剛)の前に現れた。3年前の偽装テロ事件以来の再会を果たした2人だったが、喜びもつかの間、羽生は自らの直感から大山健吾(渡部篤郎)側にはつかないことを宣言する。かつての同志が、それぞれが信じる“正義”の食い違いによって、今は全く別の道を歩んでいることを感じた藤田は、「3年前、俺も含めて全員死んでいれば、お前と敵にならずに済んだのにな」とつぶやき、非情にも羽生に向けて銃弾を放つ。
一方、西城英輔(福士蒼汰)は父・尚也(飯田基祐)の元を訪れていた。息子として、同じ警察官として、父の不正を許せない西城は、週刊誌記者の遠山(田島亮)と共に調べ上げた証拠を使って、尚也を告発しようとするが…。それぞれが己の“正義”を信じ、最後の戦いへ――。はたして、アバランチが起こした雪崩の結末は?

最終回は寂しいですが、藤田の理由がなんなのかが気になりすぎます。

そして西城くんの行動がどう出るのかにも期待したいと思います。

アバランチは面白くない・つまらない?その理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「アバランチは面白くない・つまらない?その理由とネットの反応は?」としてテレビドラマのアバランチについてみてきました。

今後の皆さんの反応も気になりますよね〜

田中要次さんの発言にネットで話題になったシーンもありましたしね。

傾いているロゴも何を意味しているのか?

随時感想等もご紹介して行きたいと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました