スーパーリッチは面白くないつまらない?その理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2021年10月14日からテレビドラマ「スーパーリッチ」が始まりました。

ドラマが始まり、つまらないのか見てみましたが、意外と面白かったのではないかと感じました。

そうなると実際にご覧になっていた皆さんがどのように思ったのが気になりました。

そこでここでは「スーパーリッチは面白くないつまらない?その理由とネットの反応は?」としてスーパーリッチの評判についてみて行きたいと思います。

スーパーリッチは面白くない・つまらない?


「スーパーリッチ」は面白くないのでしょうか。

気になったのでネットで確認してみました。

すると面白くないと言った意見は愚か、皆さんの評判は非常に良かったもではないかと思います。

面白いと言った意見が多数あり、今後の展開に目が話せないと言ったところのようですよ〜

実際に見ていても、どん底からどのように這い上がっていくのかということになっていくはずなので、追いかけたいと思います。

すでに来週が楽しみになりましたよ〜

皆さんぜひぜひご覧ください!!

スーパーリッチのあらすじは?

スーパーリッチのあらすじをご紹介します。

裕福な家庭に生まれた氷河衛(江口のりこ)は幼い頃に両親を亡くした。しかし、潤沢な遺産もあったため、大学時代に知り合った一ノ瀬亮(戸次重幸)と電子書籍販売をメインとするベンチャー企業『スリースターブックス』を立ち上げて成功し、女性起業家に贈られる“プラチナ・ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の大賞を受賞するまでになっていた。

そんなある日、衛は亮からアプリ会社へ出資する提案を持ちかけられる。早速会議にかけるが、亮のやり方に懐疑的な今吉零子(中村ゆり)、宮村空(町田啓太)たち社員の反応は鈍い。

その日は『スリースターブックス』のインターン採用試験日。田中リリカ(志田未来)、豪徳尊(板垣瑞生)たち学生が、それぞれの思いで試験場に集まっている。その頃、春野優(赤楚衛二)も試験を受けるために向かっていたが…。

仕事を終えた衛は、大手IT企業『MEDIA』取締役の島谷聡美(松嶋菜々子)と食事。かつて新卒で『MEDIA』に入社した衛にとって、聡美は仕事を教え、育ててくれた憧れの先輩だ。今も衛を気にかける聡美は『スリースターブックス』の現状を尋ねる。なんとかやっていると答える衛に、聡美は経営者の決断は情に流されてはいけないと釘を刺し…。

ストーリーはここから進んでいきます。

どのように再起していくのかが気になって仕方ないですね〜

スーパーリッチに対するネットの反応は?


スーパーリッチをご覧になられた方の反応を見て行きたいと思います。

いかがでしょうか。

まだ第1話の放送が終わったところなので、まだまだこれからというところだと思いますが、皆さんがおっしゃられているように来週も見てみようと思います。

スーパーリッチの第2話のあらすじは?

スーパーリッチの第2話のあらすじをご紹介します。

氷河衛(江口のりこ)は、アパートを引き払い無一文で実家に帰ることも出来ないと言う春野優(赤楚衛二)を自分のマンションに連れて行く。すると、マンションの前で宮村空(町田啓太)と今吉零子(中村ゆり)が待っていた。

『スリースターブックス』に戻った衛は、当座必要なお金の工面について幹部たちと話し合う。空たちは一ノ瀬亮(戸次重幸)を探して金を返してもらうか、警察に被害届を出した方が良いと迫るが…。

その頃、優も『スリースターブックス』について来ていた。宿泊先のあてがないと言う優は、空に編集部へと連れていかれる。空は碇健二(古田新太)に頼んで、仮眠スペースで優を預かってもらうことに。

翌日、衛が出社すると島谷聡美(松嶋菜々子)が来ていた。聡美は『MEDIA』社との業務提携を衛に持ちかける。『スリースターブックス』存続に必要な金を出すと言う聡美だが、衛に対してある条件を提示し…。

第2話も楽しみですね〜

追記

第2話をご覧になられた方の声をご紹介して行きます。

いかがでしたでしょうか。
本当に江口さんがいい味出していますよね〜
赤楚くんとの絡みもGOODです。
あ〜来週も楽しみだ〜
早く続きが見たい!!

スーパーリッチは面白くないつまらない?その理由とネットの反応は?のまとめ!


ここでは「スーパーリッチは面白くないつまらない?その理由とネットの反応は?」としてドラマ「スーパーリッチ」についてみてきました。

ここからどのように再起していくのかがとても気になりますよね〜

皆さんの意見も追記して行きたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました