サイレントはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の10月6日からテレビドラマの「silent(サイレント)」の放送が始まりますね。

主演に川口春奈さん、共演するのはSnow Manの目黒蓮さんで、生方美久さんの脚本によるオリジナル作品ということですが、面白いのでしょうか。

気になりなすよね〜

そこでここでは「サイレントはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!」として見ていきたいと思います。

サイレントはつまらない?面白い?


「silent(サイレント)」はつまらないのでしょうか。

本作はオリジナルストーリーのので、実際に放送が始まってみないとまだわかりませんね。

放送が始まればいろんな意見が出てくると思うので、ご紹介していきたいと思います。

サイレントの評判やネットの反応は?

「silent(サイレント)」の評判やネットの反応をご紹介します。

放送を控え、早くも注目されているのがわかりますね。

楽しみにしたいと思います。

サイレントのあらすじは?

「silent(サイレント)」のあらすじをご紹介します。

高校時代に彼の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口春奈)は3年の時に佐倉想(目黒蓮)と同じクラスになる。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、二人は音楽という共通の趣味をきっかけに仲良くなり、愛おしいかけがえのない時間を過ごしていた。

大学進学というタイミングで東京と群馬で離れ離れになるも、何も心配することはないと思っていた紬だったが、紬は想から一方的に別れを告げられてしまう。何が理由なのかもわからないまま振られた紬。8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、湊斗と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。

しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら彼は…

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

「silent(サイレント)」の第2話のあらすじは?


「silent(サイレント)」の第2話のあらすじをご紹介します。

青羽紬(川口春奈)は8年ぶりに佐倉想(目黒蓮)と偶然の再会を果たすも、手話で一方的に話され、状況が把握できずに立ちすくむ。一方、想はこの8年間の想いが募り、行き場のない気持ちを消化できずに紬のもとから立ち去る。そんな様子をみていた桃野奈々(夏帆)は、想のもとに駆け寄り、そっと寄り添うのだった。

想は高校卒業のころに耳に違和感を抱くようになり、その異変にいち早く気づいた母の律子(篠原涼子)が病院に連れて行くと、遺伝性の可能性があると診断された。自分のせいかもしれないと責任を感じ、なかなか受け入れられない律子に対し、想は申し訳なく感じ、そのまま上京することを決め、紬にも病気のことは隠して別れを告げた過去があった。

戸川湊斗(鈴鹿央士)は紬と想が再会したことに不安はぬぐえないものの、想いとは裏腹に、春尾正輝(風間俊介)の手話教室を紹介する。想と話せるようになりたいと思う紬は手話教室に通うことを決意し、想に「もう一度会って話したい」と告げるが…。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

サイレントはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介のまとめ!


ここでは「サイレントはつまらない?面白い?評判やネットの反応ご紹介!」として見てきました。

放送を楽しみにしたいと思います。

情報が出てくればご紹介していきますね〜

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました