やんごとなき一族はつまらない・面白くない?理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の4月14日(木)からテレビドラマの「やんごとなき一族」がスタートしますね。

この「やんごとなき一族」は面白いのでしょうか。

本作は原作があり、面白いからドラマ化されることになったと思いますが、果たしてどうなのでしょうか。

気になりますよね〜

そこでここでは「やんごとなき一族はつまらない・面白くない?理由とネットの反応は?」として見て行きたいと思います。

追記

4月14日(木)スタート予定でしたがコロナの影響により一週間遅れの4月21日(木)からのスタートになりました。

やんごとなき一族はつまらない?

やんごとなき一族はつまらないのでしょうか。

第一話のが終わり確認して見ましたが、あまりその様な意見は上がっていない印象でした。

まだ1話目の放送が終わったところなので、引き続き確認していきたいと思います。

やんごとなき一族がつまらない理由


やんごとなき一族がつまらないとされる理由があるとすればどの様な理由が挙げられるのか考えて見ました。

つまらない理由①:原作との違い

このやんごとなき一族には原作があります。

原作がドラマ化されると必ず注目されるのは原作との違いではないでしょうか。

原作を知っていて、そのファンなら原作との違いに違和感を持ってもおかしくないですね。

その辺り確認しながら今後どの様な意見が出てくるのか確認していきたいと思います。

やんごとなき一族はつまらないだけじゃない?


やんごとなき一族がつまらないだけじゃない理由についても考えて見たいと思います。

つまらないだけじゃない理由①:キャストが豪華

やんごとなき一族がつまらないだけじゃない理由としての1つ目としてはキャストの豪華さが挙げられると思います。

主演の土屋太鳳さん、松下洸平さんをはじめ、尾上松也さん、松本若菜さん、佐々木希さん、石野真子さん、木村多江さん、石橋凌さん他、豪華すぎる面々となっています。

彼らの演技や絡みなど、非常に楽しめるのではないかと言うことは簡単に予想できますね。

他の理由についても考えて見ます。

つまらないだけじゃない理由②:原作が面白い

つまらないだけじゃない理由の2つ目としては原作が面白いと言うことではないでしょうか。

本作には原作があり、多くの反響がありますね。

また人気がないのならドラマ化とはならないことを考えてもつまらないだけじゃないと言えるのではないでしょうか。

以上やんごとなき一族のつまらないだけじゃない理由でした。

やんごとなき一族のあらすじは?


やんごとなき一族のあらすじをご紹介します。

篠原佐都(土屋太鳳)は、母の良恵(石野真子)と2人で下町の大衆食堂『まんぷく屋』を切り盛りする女性。ある日、佐都はかねてより交際してきた深山健太(松下洸平)にプロポーズされ、それを受け入れる。

佐都が健太の実家へ挨拶に行くことになった日、2人を迎えに、1台の高級リムジンが店の前に現れる。なんと健太は、江戸時代から400年以上続く名家で莫大(ばくだい)な資産を有する一族・深山家の御曹司だったのだ。

健太の出自に驚き、彼の両親に気に入ってもらえるかと不安がる佐都に、健太はこれまで実家と距離をとってきた理由を正直に打ち明ける。そして、深山家当主である父の圭一(石橋凌)が佐都に会いたがっていることを伝えて安心させる。

その後、2人は深山家に到着するが、圭一から命令された健太の母・久美(木村多江)によって、佐都は門前払いを食らい呆然(ぼうぜん)とする。圭一は、佐都が庶民であるという理由で2人の結婚を受け入れていなかった。上流社会の理不尽なしきたりや深山家内の複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)される佐都と健太。そしてここから、2人の奮闘の日々が幕を開ける!

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

やんごとなき一族に対するネットの反応は?


やんごとなき一族に対するネットの反応をご紹介します。

なかなか評判のいいスタートであったのではないでしょうか。

一族間の人物の関係がひどい中、その関係を正したいとする健太に協力することを決めた佐都ですが、一筋縄ではいかなそうな展開がまだまだ待っていそうですね。

次回も楽しみにしたいと思います。

やんごとなき一族の第2話のあらすじは?

やんごとなき一族の第2話のあらすじをご紹介したいと思います。

深山佐都(土屋太鳳)は、義姉の美保子(松本若菜)によってサウナ室に閉じ込められるが自力で脱出。美保子のもとへ戻り、入院した母・篠原良恵(石野真子)を見舞いたいと頼むと、美保子は義祖母の八寿子(倍賞美津子)に断りを入れるようにと促す。しかし、八寿子は佐都の申し出を許さず、深山家の跡取りである健太(松下洸平)と結婚した以上、深山家の発展に人生の全てを捧げるのは当たり前だと𠮟責(しっせき)する。

その後、帰宅して事情を知った健太は、すぐに良恵のところへ行くよう佐都に告げる。深山家の理不尽さを訴える健太は、八寿子らに対し、自分の家と佐都の実家の両方を夫婦2人で守っていくと宣言する。

健太に従い屋敷を出ようとした佐都は、深山家へ来訪した葛西綾(小沢真珠)と玄関でぶつかってしまう。するとそこに久美(木村多江)が来て、綾を丁寧に出迎える。綾は八寿子への贈り物と、圭一(石橋凌)の忘れ物だという小袋を久美へ差し出す。この時、佐都は久美と綾の関係性、深山家の奥深い闇にまだ気づいていなかった。

病院で良恵の無事を確認した佐都は、翌朝、深山家に戻る。しかし、思いもよらない事態が佐都を待ち受けていて…。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね。

追記

第2話をご覧になられた方の声をご紹介します。

面白かったですね。

特にとことん立ち向かう佐都のことを応援したくなっています。

ただ、少しお母さんの本当の顔が見れたことなど、少しずつ変化の片鱗が見れた様な。

ですがまだまだ前途多難であることは間違い無いですね。

これから健太と泉がどうなるのかが気になるところ。

次回も楽しみにしたいと思います。

やんごとなき一族の第3話のあらすじは?

やんごとなき一族の第3話のあらすじをご紹介します。

深山佐都(土屋太鳳)は、義母の久美(木村多江)の気持ちを案じて深山家の愛人問題に一石を投じた。しかし、佐都を健太(松下洸平)の妻として認めようとしない義父・圭一(石橋凌)は、さらなる策略を巡らせる。圭一は、かつて健太が慕っていた立花泉(佐々木希)を彼の秘書にしたのだ。だが、すでに健太は佐都だけを愛しており、二人は間もなく迎える二人一緒の誕生日に旅行を計画する。

ところが、圭一が健太に同行するよう命じた福岡出張が誕生日と重なり、旅行の計画は頓挫することに。健太に期待し、大きなプロジェクトを任せるという圭一の様子に、明人(尾上松也)と美保子(松本若菜)は歯がみをしていた。

健太が圭一と出張に出かけた日、佐都は有沙(馬場ふみか)に呼び出される。有沙は深山家所有のクルーザーで遊んだ後の片付けを佐都に頼んだのだ。断り切れない佐都が掃除をしていると、そこにリツコ(松本妃代)が現れる。事情を察し憤ったリツコは、佐都を連れ出して彼女の誕生日パーティーを開催する。同じ深山家の嫁として佐都を励まし、深山家に対する愚痴をこぼすリツコだったが、ふとスマホを見ると顔色を変え、パーティーをおひらきにすると言いだし…。

引用元:公式サイト

来週も楽しみですね。

追記

第3話をご覧になられた方の声をご紹介します。

第3話は大介とリツコの会でしたね。

なかなか実際に政略結婚など体験できることではないので、どうかというところはありますが、やはり幸せとは言えないだろうなと改めて思いました。

また、大介やリツコの言ってることも、その辛さもわかるところもあり、幸せになるためにお互いに親の反対を押し切ってもその決断をしたところでは本当に応援したくなりました。

そしてまた加速して行きそうな松本劇場。

健太に佐都を連れて出て行けばとも思いますが、それでは面白く無くなってしましますしね〜

まだまだ見どころたくさんと言ったところだと思うので来週も楽しみにしたいと思います。

やんごとなき一族の第4話のあらすじは?

やんごとなき一族の第4話のあらすじをご紹介します。

深山佐都(土屋太鳳)は大介(渡邊圭祐)とリツコ(松本妃代)の離婚に加担したと、圭一(石橋凌)の怒りを買い、深山家から追い出されようとしていた。圭一は健太(松下洸平)に離婚届を渡すが、健太は何があっても佐都とは別れないと答える。すると佐都は、もう一度チャンスが欲しいと圭一に頼み、健太と二人で頭を下げる。

圭一は、新たに建てる商業ビルにパリの有名レストラン『ソリマチ』を招聘できたら先の件は不問にすると佐都と健太に言い渡す。だが、そこには彼のある思惑があって…。一方、健太に代わりに福岡のホテルを任されることになった明人(尾上松也)は、圭一からホテル事業を行う新会社社長の椅子をほのめかされる。美保子(松本若菜)は今度こそ佐都、健太夫婦を叩き潰そうと明人を焚きつけた

佐都と健太は『ソリマチ』のオーナー、反町を探す。彼の経歴を必死に調べ、健太はようやく会うことに成功するが、反町の返事は芳しくない。だが、健太は反町のバックに“マダムキリコ(長谷川京子)”という人物がいるとの情報を得る。しかし、年齢、国籍、性別まで不明とキリコは謎だらけ。佐都と健太が考えあぐねていると、そこに大介が現れる。大介は、佐都たちが見ていたキリコの情報に反応し…。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね。

追記

第4話をご覧になられた方の声をご紹介します。

いや〜今週も面白かったですね。

特に追い持たのは今まで健太があんまり佐都のフォローをしていないと感じていたのですが、今回は毅然とした態度で方々に挑んでいるところが特によかったと思いました。

また、少しずつ佐都も周りに見方が増えてきているところも希望が持てますよね〜

まあ、うまく生き続けることはないでしょうし、そうなってしまえばまた物足りなさを感じそうですし・・

あと、泉の存在を忘れかけているのですが、まだかき乱してくれることはあるのかな〜と個人的に気にしています。

まだまだ試練が次々と訪れるでしょうが、今後も楽しみですね〜

やんごとなき一族の第5話のあらすじは?


やんごとなき一族の第5話のあらすじをご紹介します。

深山佐都(土屋太鳳)と健太(松下洸平)は、圭一(石橋凌)から命じられたレストラン招聘の手柄を深山明人(尾上松也)と美保子(松本若菜)に奪われたものの、佐都たちを気に入ったマダムキリコ(長谷川京子)の協力によりなんとか窮地を脱する。しかし、そんな二人に、新たな問題が襲いかかる。

末っ子の有沙(馬場ふみか)に見合い話が持ち上がったのだ。相手は貿易会社の御曹司・香川友貴(森田甘路)。佐都は仲人の根岸(田山涼成)から圭一への取りなしを頼まれていたが、うっかり忘れていた。有沙はそんな佐都のことを責め立てる。

健太は、家の繋がりを重要視する圭一ならこの縁談にはのらないだろうと有沙を慰める。ところが、見合いの席で香川家の経歴を耳にした途端、圭一の目の色が変わり…。

佐都と健太、久美(木村多江)は有沙の縁談を考え直すよう圭一を説得するが、圭一は聞く耳を持たない。その上、圭一は有沙を部屋に閉じ込めておくよう厳命する。困り果てた佐都と健太は、有沙との縁談を断ってもらうよう香川に直接頼み込む。その後、二人が家に戻ると、有沙が姿を消していて…。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記第5話をご覧になられた方の声をご紹介します。

今週もやばかったですね。

まずは何と言っても松下洸平さん。

いつも彼の演技には本当に引き込まれて、今回も妹の幸せをお願いするシーンは鳥肌が止まらず泣けました。

また有沙がわがままなだけと思っていましたが、やはり本心は隠していて、普通に思いを持っていたこともわかり、いい子だな〜と思いました。

健太と佐都に憧れながら、どこか2人のために覚悟を決めたのかとも思えましたし、健太の有沙に対する愛情にも感動しました。

これまでひどいと思っていたお父さんも深山の掟から流れられなかったのではとも感じましたし、美保子さんも覚悟を決め手の今なのかなと感じました。

そんな深山の歴史を健太と佐都がどう変えていくのか。

お母さんの思いも受け取った2人に期待せずにはいられませんね。

来週も楽しみです。

やんごとなき一族の第6話のあらすじは?

やんごとなき一族の第6話のあらすじはをご紹介します。

深山佐都(土屋太鳳)と健太(松下洸平)は、圭一(石橋凌)が強引に進めた有沙(馬場ふみか)の縁談話を止めようとしたが失敗。そんな佐都に久美(木村多江)は深山家を変えて欲しいと望みを託す。ところが、あれだけ香川友貴(森田甘路)との結婚を嫌がっていた有沙は香川を気に入り、早々に婚約してしまう。

二人の結婚準備を圭一に託された明人(尾上松也)と美保子(松本若菜)は婚約祝いの席を設けることにする。美保子は佐都と久美に婚約祝いをお茶会にしようと提案。久美が了承すると、美保子は佐都に雑用を押し付ける。しかし、三人の話を聞いた八寿子(倍賞美津子)は佐都にお手前で客をもてなすよう厳命。佐都は美保子の雑用と茶道の稽古に忙殺される。

そんな時、佐都と健太は良恵(石野真子)に呼び出される。『まんぷく屋』が軒を連ねる商店街の目と鼻の先にある深山グループの土地に、ショッピングセンター誘致の話が持ち上がったのだ。自分たちへの嫌がらせだと圭一に詰め寄った健太を、圭一は会社の利益を考えて判断しろとたしなめる。健太がショッピングセンターより利益が上がる企画を考えると反論すると、圭一は企画提出の期限を告げるが、その日は有沙の婚約祝いの日で…。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

やんごとなき一族はつまらない・面白くない?理由とネットの反応は?のまとめ!

ここでは「やんごとなき一族はつまらない・面白くない?理由とネットの反応は?」として見てきました。

放送を楽しみにしたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました