進撃の巨人の作者諫山創の次回作は?引退の可能性はあるのか?【2022最新】

漫画家
スポンサーリンク

諫山創さんのデビュー作「進撃の巨人」がとうとう完結しました。

2009年から約12年にわたり連載されてきましたが、ついに先日最終話が発表されました。

最終話が発表されたばかりで気が早いかもしれませんが、個人的に気になるのは次回作がどうなるのかというところ。

そこでここでは 「進撃の巨人の作者諫山創の次回作は?引退の可能性はあるのか?【2022最新】」として見ていきたいと思います。

諫山創の次回作は?【2022最新】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hajime Isayama(@hajime_isayamaa)がシェアした投稿

諫山創さんのデビュー作である「進撃の巨人」を読めば、彼が非凡な才能の持ち主であることはすぐにわかります。

実際に多くの読者を魅了し、称賛されています。

ここでのツイートのやりとりが消えてしまっていてわかりにくいですが、諫山さんが残した謎の暗号が、後に計算されきちんと伏線回収されていたことに対し、このような意見が上がっていました。

圧巻という他ありませんでした。

なので、尚更別の作品も見てみたいという声が上がるのは当然でしょう。

本当に楽しみですね。

わかり次第ご紹介したいと思います。

諫山創の次回作はブラックコメディー?【2022最新】

次回作について2020年6月6日に「新・情報7daysニュースキャスター」でブラックコメディーみたいなものができたらと語っています。

本当にブラックコメディーをやられるのでしょうか。

楽しみにしたいですね〜

諫山創の次回作はいつ?

諫山創さんの次回作はいつ頃になるのでしょうか。

現在次回作についていつ頃から始められるのかはわかっていません。

次回作を始められるなら、大ヒットだった「進撃の巨人」を超えるものが期待される訳ですので、構想を考えるのにも相当な時間が必要となることは当然ですね。

わかり次第ご紹介します。

諫山創の引退の可能性はあるのか?【2022最新】


後、気になるのは引退の可能性はあるのかということです。

確かに「進撃に巨人」の大ヒットのおかげで作品を作り続けずとも生活することは可能ですしね。

大ヒット作品の次回作はとても難しいでしょう。

ただインタビューでもお話しされていたようにブラックコメディーのようなものができればと語られていたので、次作に対する意欲もない訳ではなさそうです。

進撃の巨人について【2022最新】

諫山創さんの次回作も気になるところですが、そのように思うのもやはり進撃の巨人が素晴らしい作品であったためであると思います。

後世に語り継がれる名作であることは間違い無いでしょう。

個人的に印象的であったシーンは作品の終盤での、ミカサとエレンのやりとりです。

その時の二人の表情がなんとも言えず、二人の間の全てがそのシーンに詰まっているような気がしました。⬇️

【進撃の巨人】ミカサとエレンの終盤のやりとりについて

是非読んでみて欲しいと思います。

諫山創の次回作に対するなんjでの反応は?【2022最新】


「諫山創 次回作」で調べてみると、「諫山創 次回作 なんj」という検索結果が出てくるので、気になって、なんjで確認してみました。

しかし、なんjでは諫山さんの次回作に対する意見は特になかったかと思います。

なんjで確認される方がおられるほど皆さんが気になっているのでは無いかと思いました。

ますます諫山さんの次回作が楽しみですね。

進撃の巨人の作者諫山創の次回作は?引退の可能性はあるのか?のまとめ!【2022】


ここでは「進撃の巨人の作者諫山創の次回作は?引退の可能性はあるのか?」として見てきました。

「進撃の巨人」が完結して寂しくなるのはどうしようもありません。

だからこそ次回作は出して欲しいものですね。

どのような作品になるのか。

楽しみに待ちたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました