ナンバMG5がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?

ドラマ
スポンサーリンク

2022年の4月13日(水)から新ドラマ「ナンバMG5」の放送がスタートしますね。

本作は人気ヤンキー漫画なので、ドラマ化されるということは面白いと思って間違いはないのではないでしょうか。

気になりますよね〜

そこでここでは「ナンバMG5がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?」としてみて行きたいと思います。

ナンバMG5がつまらないと評判?


ナンバMG5がつまらないとの評判はあるのでしょうか。

気になったので調べて見たのですが、その様な意見を見つけることはできず、皆さん面白かったと評判は良さそうでした。

実際に見ていてもつまらないと感じる部分はなく、似た様な作品はあるかと思いましたが、飼い犬の松を使った斬新さもあり、終始楽しめました。

今後も楽しみな作品です。

ナンバMG5がつまらない理由


今のところ視聴者の方からはその様な声は上がっていませんでしたが、ナンバMG5がつまらない理由を考えて見ました。

つまらない理由①:原作との相違点

つまらないという意見が上がるとすれば、やはり原作との違いが生じた時ではないでしょうか。

原作をドラマ化した作品はこれまでもたくさんありますが、原作との違いが出ると、やはり批判が起こってしまう印象です。

このナンバMG5も例外ではないでしょう。

ちなみに本作は割と原作に忠実に作られていて、ドラマということもあり、テンポもいい様で原作との違いに対する批判も見つけられませんでした。

他にも考えられる点があればお伝えしたいと思います。

ナンバMG5は面白くないだけじゃない?


ナンバMG5の面白くないだけじゃない点についても考えてみたいと思います。

面白くないだけじゃない理由①:出演する俳優陣

ナンバMG5が面白くないだけじゃない理由としては、まず出演している俳優陣が豪華であることだと思います。

主演の間宮祥太朗さんを始め、神尾 楓珠さん、森川  葵さん、森本慎太郎さん、鈴木紗理奈さん、宇梶 剛士さんなど錚々たる面々ですね。

他のドラマにも出演されている方々ですから、演技の方でも問題はないと思います。

続いて面白くないだけじゃない理由の2つ目を見ていきたいと思います。

面白くないだけじゃない理由②:原作が人気!

次に面白くないだけじゃない理由の2つ目ですが、何と言っても原作が人気ですよね〜

とにかく内容が熱くて笑いもあって楽しめる内容ですよね〜

評判もよく、人気があるので、今回のドラマ化にも納得できます。

以上ナンバMG5が面白くないだけじゃない理由でした。

ナンバMG5に対するネットの反応は?


ナンバMG5に対するネットの反応を見ていきたいと思います。

皆さんかなり楽しまれていた様子でした。

特に登場した犬の松には、可愛かったり、声を担当しているツダケンさんの声が絶妙によかったとの声も上がっていました。

1話目の放送から早くも視聴者の心を掴んだ松。

松については別記事でもご紹介しています。

ナンバMG5の松が可愛すぎると話題!今後の出番も期待の声ご紹介!
今後も楽しみな作品ですね〜

ナンバMG5のあらすじは?


ナンバMG5のあらすじをご紹介します。

難破剛(間宮祥太朗)は、10代のころ千葉最強のヤンキーと恐れられたトラック運転手の父・勝(宇梶剛士)、レディースの総長だった専業主婦兼パチプロの母・ナオミ(鈴木紗理奈)、高校時代に関東を完全制覇したカリスマヤンキーだが現在は無職の兄・猛(満島真之介)、改造自転車を乗り回す能天気な中学2年の妹・吟子(原菜乃華)という筋金入りのヤンキー一家・難破家の次男。一家の愛犬・松は、剛の弟分的な存在だ。そんな家族のもとで育ち、千葉14校を傘下に持つ超有名ヤンキー中学校・萬田中のアタマを張るまでになった剛は、県内屈指のヤンキー校として知られる市松高校への入学を期待されていた。兄の猛がアタマを張っていた城南高校ではなく、家から離れた市松高校を選んだのは、自分自身の腕でのし上がるためだという。

初登校の日の朝、特注の特攻服に身を包んだ剛は、家族から派手に見送られながら家を出た。だが、その途中で公園のトイレに立ち寄った剛は、何故か特攻服から学生服に着替えると、市松高校ではなく、白百合高校の門をくぐる。実は剛は、「普通の青春がしたい!」と願い、家族にも内緒にして健全な普通の高校に入学していたのだ。そこで藤田深雪(森川葵)守田巻(富田望生)らと同じクラスになった剛は、この二重生活を3年間やり通して見せると固く決意していた。

一方、市松高校には、伍代直樹(神尾楓珠)という男が入学する。不良だらけの上級生からも恐れられるほど、ケンカが強い一匹狼だった。

剛は、猛に憧れ、ヤンキーを目指して”高校デビュー”したクラスメート・島崎登(春本ヒロ)と親しくなる。剛は、島崎のおごりで一緒に牛丼を食べに行くことになったが、その途中、中学時代に島崎をパシリにしていた市松高校のヤンキーたちに遭遇してしまう。ヤンキーたちに連れ去られ、痛めつけられる島崎。剛は、カバンの中に隠していた特攻服に着替えると島崎を助けに行くが……。

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

追記
ナンバMG5の第1話をご覧になられた方の声をご紹介したいと思います。

とても面白かったです。

ヤンキーが普通の学生に憧れるとか。

バレないかヒヤヒヤしながら見入っていました。

どんな仲間が登場してくるのかにも注目したいと思います。

ナンバMG5の第2話のあらすじは?


ナンバMG5の第2話のあらすじをご紹介します。

難破剛(間宮祥太朗)藤田深雪(森川葵)が所属する白百合高校美術部は、次の日曜日に公園で写生大会を行うことに。休日だから私服でいい、といわれたものの、ヤンキー服しか持っていないため、どうすればいいか悩んでいた剛は、下校途中、市松高校の伍代直樹(神尾楓珠)に出会う。市松高校の2年生グループとケンカになり、左腕を負傷した伍代はギプス姿だった。伍代から、何故白百合に通っているのかと尋ねられた剛は、ヤンキーには向いていないから普通に勉強したり、部活したりしたかった、と正直に打ち明ける。その時、ふと伍代の服装を見た剛は、一緒に服を選んでほしいと頼む。

写生大会当日、伍代に選んでもらった服で参加した剛は、公園のベンチに深雪と並んで座り、デッサンを始める。そこに、男連れのガラの悪そうな女性がやってきて、深雪が描いていた絵をバカにし始めた。しつこく絡んでくる女性に怒り、思わず振り返って怒鳴ってしまう剛。すると、女性と一緒にいたのは、剛の兄・猛(満島真之介)だった。剛は、慌てて顔を隠すが……。

同じころ、市松高校2年の番格・最上克己(米本学仁)の一派は、特攻服の男=剛を探し出すために、特服のイラスト入りのビラを配り始めていた。情報提供者には10万円の謝礼をするという。賞金首となった剛の運命は……!?

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記
第2話をご覧になられた方の声をご紹介します。

かなり面白くて、思わず原作も読んでみたくなりました。

難波と伍代の友達思いな一面や、トラブルメーカー的な藤田の存在もストーリーを面白くしていますよね〜

笑いあり、友情ありで、そのバランスもみていて絶妙な感じだなと思います。

3話ではついにあの人が本格的に登場されるので、その辺りも注目です。

3話に関することはこちらでご紹介しています。

ナンバMG5の第3話のキャストは誰?あらすじとともにご紹介!

3話も待ち遠しい!

ナンバMG5の第3話のあらすじは?


ナンバMG5の第3話のあらすじをご紹介します。

夏休み最後の日、難破剛(間宮祥太朗)は、伍代直樹(神尾楓珠)島崎登(春本ヒロ)を誘って釣りに出かける。すると、剛に藤田深雪(森川葵)から緊急事態だと連絡が入った。

伍代たちと別れ、深雪と会うために白百合高校へと向かった剛は、その途中、バイクに乗った男・真宮翔(神田穣)から声をかけられる。真宮は、伍代を探しているらしい。剛は、知らないととぼけるが……。

深雪の緊急の用事とは、まったく手を付けていなかった宿題を写させてほしいというものだった。深雪の頼みを聞いてノートを貸した剛は、「夏休み、あのゴリラみたいなヤツに会ったりしたの?」と尋ねた。
実は7月のある日、剛と深雪は、駅の近くで市松高校と千鳥商業のヤンキーたちがケンカしている場面に出くわしていた。その時、巻き込まれた子どもが転倒してしまったことに怒った深雪は、子どもにぶつかったヤンキーを怒鳴りつけたのだ。その姿にひと目ぼれしてしまったのが、千鳥商業の大丸大助(森本慎太郎)だった。剛は、いきなり深雪に交際を申し込むなど猛アピールをしてきた大丸のことが気になっていたのだ。

同じころ、釣り糸を垂らして寝転んでいた伍代たちの前に真宮が現れる。真宮は、中学時代に伍代とつるんでいた仲間だった。1週間前に少年院を出てきたばかりだと言う真宮は、「また一緒にやらねえか」と伍代を誘うが……。

引用元:公式サイト

放送が楽しみですね〜

追記第3話をご覧になられた方の声をご紹介します。

とにかくまず熱いですよね〜

そして漫画がドラマ化した作品が、よく批評が集まってしまうこともある中で、このナンバMG5の評判の良さは、実際に見ていても頷けると思います。

伍代もながら、大丸も熱くて真っ直ぐでいいやつでしたね〜

ですが、すぐに仲間になるわけではなくて、次回でも誤解からの衝突もありそうで、どうなるのか気になりまくっています。

来週が待ち遠しいですね〜

ナンバMG5の第4話のあらすじは?


ナンバMG5の第4話のあらすじをご紹介します。

「男なら自分で正体明かせ。でねえといつか、みんなを傷つけることくらい、テメエだってわかってんだろ」。

難破剛(間宮祥太朗)は、千鳥商業の大丸大助(森本慎太郎)から言われた言葉が頭から離れない。剛が美術部から追い出されたことを心配していた藤田深雪(森川葵)は、一緒に行くから部長の東ミチル(加藤諒)に謝ろうと提案する。剛は、そんな深雪に、コンクールに出展する予定だった絵を完成させると約束し、その時には深雪にも言わなければならないことがある、と返す。

一方、大丸は幼いころからのツレで、同じ高校に通う斎藤ヒロ(一條恭輔)が市松高校の伍代直樹(神尾楓珠)にやられたと知る。伍代が卑怯な手を使ってヒロを痛めつけたと聞かされた大丸は、人数を集めて市松高校に乗り込もうとする2年の郷田健吾(うえきやサトシ)を制し、「伍代はオレがやる!」と宣言した。

大丸は、工事現場で伍代と対峙する。伍代にとっては身に覚えのない話だったが、ヒロがやられた場所に落ちていた、と言って伍代が使っていたバイクのグローブを見せる郷田。それをきっかけに、伍代と大丸の激しいバトルが始まり…。

そんな争いの後、剛は本屋で万引きしようとする関口正宏(岩男海史)を目撃。関口は剛にとって深いつながりを持つ男。関口が万引きに手を染めるのはある理由があった。剛はその理由を知ることになる。

公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記

第4話をご覧になられた方の声をご紹介します。

いや〜面白かったですね。

難波の周りに人が集まるのがよくわかります。

そして関口くんがカッコ良かった!

互いが互いのお陰と言い合える関係がとても良くて思わず感動しました。

来週も楽しみですね。

ナンバMG5の第5話のあらすじは?


ナンバMG5の第5話のあらすじをご紹介します。

難破剛(間宮祥太朗)が帰宅すると、見知らぬ男が家に上がりこんでいた。市松高校の剛のツレだとうそぶくその男を警戒する剛。男の正体は、他校のヤンキーたちからも恐れられている市松高校のアタマ・陣内一久(栁俊太郎)だった。
ナオミ(鈴木紗理奈)の手料理でもてなされた陣内は、帰り際、猛(満島真之介)から名前を尋ねられる。陣内は、そこで初めて名を名乗ると、途中まで送るといって一緒に難破家を出た剛に対し、「調子に乗るなよ、特服」と言い放つ。

一方、剛の妹・吟子(原菜乃華)は、高浜一中3年の佐藤淳一(小田将聖)と知り合う。佐藤が吟子の後をつけていると勘違いした難破家の愛犬・松が、吠えたことがきっかけだった。佐藤と親しくなった吟子は、ひょんなことから彼に勉強を教えてもらうことになる。が、実は佐藤はヤンキー嫌いらしく……。

そんな折、伍代直樹(神尾楓珠)大丸大助(森本慎太郎)と一緒にラーメン店に立ち寄った剛は、陣内が訪ねてきたことを打ち明ける。伍代から、陣内が市松のアタマだと教えられて驚く剛。続けて伍代は、陣内に関する数々の“ヤバい伝説”を剛たちに話して聞かせ……。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記

第5話をご覧になられた方の声をご紹介します。

本当にいいドラマだと思います。

笑いあり、友情、家族愛ありのメリハリもはっきりしていて見ていて全然飽きません。

今回は吟子の会でしたが可愛らしかった。

何より家族が暖かくてとても癒されます。

登場する人物もいいキャラが多くて毎週見入ってしまいます。

気になるのは藤田さんの想い人と、孟のカンはどこまで真相を感じているのか。

剛のことを優しいと言っていましたが、孟も絶対優しいですよね。

そして間宮さんの大丸バッチバチツイートもめっちゃ気になるし。

来週も本当に楽しみですね。

ナンバMG5の第6話のあらすじは?


ナンバMG5の第6話のあらすじをご紹介します。

家族に嘘をついてまで白百合高校に通う二重生活を送って1年、いつの間にか千葉を制覇していた難破剛(間宮祥太朗)は無事2年生に進級した。美術部は、卒業した東ミチル(加藤諒)に代わって西田リョウ(藤田真澄)が新部長に、そして剛が副部長、藤田深雪(森川葵)が副々部長に就任。牧野弥生(鈴木ゆうか)ら新1年生も入部していた。

深雪とはまた同じクラスになったものの、いまの剛の一番の心配事は、深雪の人気がどんどん上がっていること。伍代直樹(神尾楓珠)大丸大助(森本慎太郎)とラーメン店を訪れた剛は、その悩みをふたりにも打ち明けた。どうやら彼女らしき存在がいるらしい伍代にアドバイスを求める剛。すると伍代は、このまま何もしなければ、いつかは誰かに取られるのは確実だ、と言い出す。意を決した剛は、「ずっと好きでした。明日、直接お話させてください」と書いた手紙を深雪の下駄箱に入れ……。

あくる日、剛たち美術部員は、写生大会で横浜を訪れる。ところがそこで思わぬ騒動が起きる。深雪が、気に入った構図の中に入り込んでいて邪魔だといって、揃いの特攻服に身を包んでたむろしているレディース『横浜魔苦須(マックス)』に話をつけに行ってしまったのだ。するとそこに、『魔苦須』の二代目総長を狙うヤンキー『ケルベロス』の面々が現れ、『魔苦須』と一触即発の状態に。仕方なく特服に着替えた剛は、襲いかかってきた『ケルベロス』のメンバーを倒すが……。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね〜

追記第6話をご覧になられた方の声をご紹介します。

本当に面白い!!

仲間も家族もみんな優しくて、時には切ないこともありますが、毎週水曜日が楽しみになっています。

そしてやはり難波の強さが半端ない!

どうして天は普通の生活をしたがっている彼に、この様な才能を与えてしまったのかと思ってしまいますね。

そしてなんといっても兄ちゃん最高ですね。

本当に弟思いの優しい兄ちゃんで、剛が自分と同じ様な考えでなくなっていることに気付いても、責めもせず自分の胸のうちに留めながら、寂しい気持ちを押し殺しているのがとても切なかった。

このままあと1年半家族にバレることなく学生生活を終えることができるのでしょうか。

その辺りにも注目して見ていきたいと思います。

ナンバMG5の第7話のあらすじは?


ナンバMG5の第7話のあらすじをご紹介します。

難破剛(間宮祥太朗)は、白百合高校の次期生徒会長に立候補することになった。各クラスから1名ずつ候補者を出さなければならないため、多数決で選ばれてしまったのだ。その話を聞いた伍代直樹(神尾楓珠)大丸大助(森本慎太郎)は、目立ち過ぎだと言って剛のことを心配する。実際、特服のウワサはすでに関東中に知れ渡っており、この日も剛は遠征してきた埼玉のトップとやり合ったばかりだった。それでも剛は、応援してくれている藤田深雪(森川葵)たちクラスメートのためにも、真剣に選挙活動に挑もうと決意していた。

生徒会長選挙当日、演説の壇上に立った剛は、自身の置かれている状況を重ね合わせたかのように、「僕はこの白百合高校での毎日が本当に楽しくて……。明日、この生活が終わっても後悔しないように毎日を過ごしたいと思っていて」と話す。そんな演説の効果もあってか、次期生徒会長に選ばれたのは剛だった。一方、伍代は、剛の負担を少しでも減らそうと、特服を狙って茨城から遠征してきたヤンキーたちの相手をして……。

ところが、帰宅した剛は思わぬ事態に直面することに。ずっと受験勉強に取り組んできた中3の妹・吟子(原菜乃華)が、何と白百合高校を受験することになったのだ。剛はぼう然となり……。

引用元:公式サイト

次回も楽しみですね。

ナンバMG5がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?のまとめ!

ここでは「ナンバMG5がつまらない・面白くないと評判?理由とネットの反応は?」として見てきました。

まだ放送が始まっていないのであまり情報はありませんが、わかり次第追記して行きたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました